上裸の人達 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 上裸の人達

上裸の人達

2015年11月30日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourne, Flinders Laneのカフェより


明日は12月1日、
オーストラリアの夏がやってきます。


オーストラリアの夏と言えば、
フェスティバル、クリスマス、お正月、
全豪オープンテニス(メルボルン)と、
年末、年始のイベントが度重なる
活気あふれる季節で、


人々のライフスタイルも、
ビーチ沿いのバーに飲みに行く人や、
自宅でBBQをする人、
野外フェスティバルに行く人などが増え、
皆、開放的に夏をエンジョイしています。


開放的と言えば、、、
毎年夏になると街に出没する
あの人達がいる事を思い出しました。


それは、街中で見かける上裸
(上半身の裸)で素足の男性です。


いくら暑いからといっても、
上半身裸で、しかも裸足で堂々と
歩いている人を見ると
ちょっと避けたくなりますよね。


離れたところから見かけるだけなら
まだしも、そんな人が混雑したトラム
(路面電車)の中に乗って来たら、
完全にギブアップです。


その酷い体臭で、トラウマ的な経験を
した人も多いのではないでしょうか。。


さて、ひと昔はオーストラリアも
街中を裸足で歩くようなラフな人が
多かったようですが、


今は、洗練されたファッショナブルな
人たちが増え、ヘアスタイルや服装と
奇抜な格好をする人が多くいます。


そして、そういったファッションに
気を使う若者が好んで住むエリアと
いう場所があり、


個性的なファッションアイテムを扱う
お店は、そのロケーションでの出店が
とても重要になってきます。


しかし、ロケーションの良し悪しを
一切関係なくしてしまう魔法の売り方が
実はあるのです。


それは、オンラインショップです。


オンラインショップは、ebay, Amazonなど、
グローバルに展開しているモール型の
出店方法もあれば、


カラーミーショップなどのECサイト
構築システムを使った自社サイトを
作ることもできます。


モール型と自社サイト、どちらも
メリットとデメリットがあるのですが、


モール内では、いつでもユーザーが
商品を探しているので、集客を自社で
行わなくて良い分、


売れたら商品価格の15%にあたる手数料を
モールに支払わなければいけません。


逆に自社サイトですが、手数料はないので、
売れたらすべてが利益になりますが、


ネット集客を自分でしなければ
いけないところが難しいところです。


モールと自社サイトのどちらが
良いのかは、その商品によって違うと
思いますが、


マーケティング力を磨くなら、
自社サイトに挑戦することを勧めます。


自社サイトでは、色々な事を
学ぶ必要があり、
例えば、HTMLの知識だったり、
SEO対策を自分でやったり、
リスティング広告の使い方や、
メール配信システムを覚えたりと


やる事がたくさん出てきて、忙しくなります(笑)


逆にモールでは、商品の写真が撮れて、
商品説明文が書ければそれで十分です。


それ以上、特に学ぶことはありません。
あとは商品の仕入れ価格と販売価格だけ気を使っていればOKです。


さて、このメールを読まれている
あなたは、どちらの出店方法を取るでしょうか?


最初は大変だけど学びの多い方、
そして長期的に見て利益の高い方が、
自分にメリットが多いと思いますが、
あなたはどう思いますか?



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop