リカバリーの速さ - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > リカバリーの速さ

リカバリーの速さ

2015年12月23日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Chadstoneショッピングセンターのカフェより


もうすぐクリスマス、
どこのショッピングセンターも
年末商戦に力を入れています。


毎年、この季節になると思うのが、
僕のクリスマスはいつも仕事だったという事。


今まで働いてきたのが、
販売やサービス関連だったことを考えると
年末忙しいのは当然なのですが、


その中でも特に記憶に残っている
仕事についてお話したいと思います。


それは、今から10年前、
ある大手家電量販店での店頭販売の仕事でした。


家電量販店と言えば、セール時には
赤いハッピを着て、セールの告知を
来店客に大声で呼びかけを行う。


まさに、そんなイメージ通りの仕事です。


そして僕の場合、量販店の社員ではなく
メーカーからの派遣販売員だったので、


ミッションは、自社メーカーの
商品をできるだけ多く販売することです。


そんな中で、僕が当時販売していたものは、
ある韓国メーカの液晶テレビです。


シャープなどの国内メーカーに比べて、
圧倒的に不利な立ち位置でした。


自然にお客さんがそのメーカーの
商品を選ぶことは、ほぼ皆無でしたので、
販売員が長所などを説明して買ってもらう他はありません。


そんな中で、販売員に求められるスキルと言えば、
セールストークの巧妙さや、
見込み客、冷やかし客を見極める視点、
お客様から見た第1印象の良さ
などがありますが、


そのすべてを持っていたとしても、
今から挙げる能力がなければ、
10%ぐらいの実力しか出せないと思います。


それは「リカバリーの速さ」です。


リカバリーが速いということは、
断られても気持ちをすぐにリセットして
元に戻すことができると言うこと、


20分、30分と見込み客に
熱いセールストークを奮った後で、


「すみません、やっぱり別のメーカーにします」
と言われても、落ち込まずに冷静に
気持ちを切り替えることができると言うことです。


僕のような派遣販売員をやったことが
ある人なら分かると思いますが、
お客さんからの「No」を避けて進むことは
ほぼ不可能で、


中には、上に挙げたように
散々、熱弁を奮った後に「買わない」、
なんて冷たい反応をもらうこともよくあります。


そこでショックを受けてしまうと
次のお客様とのトークに支障に悪影響が
出てしまうので、


なるべく引きずらずに、早く気持ちを
リセットできる能力というのは、
その当時とても大事だと思っていました。


さて、このリカバリーの速さですが、
店頭販売だけでなく、仕事や生活の
色々な場面で役に立つ事があります。

/////////////////////////////////////

・新しい事業に失敗しても、
すぐに別の機会を見つけることができる


・プレゼンテーションで言葉をつっかえても、
声を落とさずに最後まで自信を持って話すことができる


・外国語で相手に言葉が伝わらなくても、
恥ずかしがらずに身振り手振りを交えて、
会話を続けることができる


・仕事で上司に昇進を断られても、
悲観的にならずに「どうすれば昇進にふさわしい」
人材になれるかを考えることができる。


・怒ったお客さんに当たっても、我慢強く話を聞き、
クレームを最小限に抑えるか、
サービスリカバリーのチャンスを見つけ、
優良客になってもらうことができる。


・夫婦喧嘩しても、自分から折れることができ、
早く仲直りすることができる


・好きな異性にふられても、次の日には
別の好きな人ができる(笑)

/////////////////////////////////////

などなど、ご自分の仕事や生活においても
様々なメリットがあるのではないでしょうか?


家電量販店での仕事から、
もう10年が経っていますが、


今でも気分が落ち込むことがあると
あの時の「リカバリーの速さ」を
思い出すようにしています。


気分が落ち込んでいる時、
仕事で失敗が続いている時、
人間関係が上手くいかない時、


リカバリーの速さを意識して、
行動を進めてみると良い方向にいくと
思いませんか?



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop