ターゲットは小学5年生 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > ターゲットは小学5年生

ターゲットは小学5年生

2016年06月22日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


突然ですが、
あなたは大人になった
今でもマンガを読みますか?


小さい頃、よくマンガを読んだ方は
わかると思うのですが、
マンガって大人になっても楽しめますよね。


活字だけの本と比べて、
想像しなくても絵を見れば、
雰囲気や情景がすぐに想像できますし、


読むのにあまり集中力を
必要としないので、


仕事帰りの疲れているときに
スマホでマンガを読むサラリーマンが
日本では多いようです。


僕達のように海外に住んでいると
あまりマンガに触れる機会は少ないと
思いますが、


あれほど、情報やストーリーを
わかりやすく伝える方法は
他にないと思いませんか?


例えば僕は小学生の頃、
歴史のマンガをよく読みましたが、


活字だけの参考書よりも
ずっと理解が深まり、内容を深く
記憶することができた覚えがあります。


小説でも、全体の数ページに
ところどころ挿絵が載せられて
いることがありますよね。


あれは、活字だけを読ませるよりも
読者のイメージがより明確になり、
想像力が高まると言われています。


さて、話は変わりますが、
あなたは疲れているときや、
ストレスを感じているとき、


または仕事の合間や電車の中の
短い時間で、何か読むとしたら、
できる限り読みやすいものを
選ぶと思います。


マンガ、とまでは言わなくても、
何か絵が多いものだったり、
頭を使わなくても読める文章だったり、


小学5年生が読めるものなら、
気楽に読むことができると思います。


僕は、セールスレターやメルマガ、
ウェブサイトのコンテンツなど、
仕事柄、文章を書く事が多いのですが、


できる限り内容を小学5年生レベル、
またはそれに近い可読性で
書くように心がけています。


とは言っても、なるべく難しい漢字を使ったり、
真面目な言い回しをした方が、
知性的でプロフェッショナルだと言う
考え方もありますが、


あなたの見込み客が
ベストなコンディションで
あなたのコンテンツを読んでいる
保証はどこにもありません。


ある人は、パソコンでなく、
待ち時間にスマホでざっと読むだけ、


ある人は、仕事の合間の10分間で
軽く読むだけ、


ある人は、寝る前のほとんど
集中力のない状態でそれを
読んでいるかもしれません。


あなたが疲れているときに
難しい文章を読んだりする気に
ならないのと同じで、


あなたの見込み客にも
なるべく読みやすい文章や
わかりやすい伝え方を
心がけるようにすると、


ゆっくり集中して読めないような
シチュエーションでも
最後まで読んでもらえる可能性が
高くなります。


法律や経済など、少し難しいトピックを
扱う場合でも、
なるべく文章を短く区切り、


難しい漢字は少なく、カタカナを多く、
使うことによって、
文章の可読性をアップさせることができます。


ターゲットは小学5年生、
相手が大人であっても、これを意識すると
もっと読みやすいコンテンツを
作れる気がしませんか?


PS.
僕が講師をしているオンライン講座、
海外ネットショップマスターコースですが、
40.3%お得になる特別限定価格は、
オーストラリアの会計年度が終了する
6月30日までとなります。


7月1日から通常価格となりますので、
気になっている方は、今すぐこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-8.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop