短期的に商品が売れなくなったとき、まず確認すべき4つのこと - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 短期的に商品が売れなくなったとき、まず確認すべき4つのこと

短期的に商品が売れなくなったとき、まず確認すべき4つのこと

2016年07月09日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より

ネットショップをやっていると、
時々、無性に心配になるときがあります。


それは、しばらく売上が悪い期間が続いて、
このままいくと、まったく売れなくなるのでは?
といったことです。


どんな商品にもライフサイクルがあり、
市場に投入されてブームが過ぎると需要は減っていく、
それがとうとう自分の商品にも来たかも...
なんて以前、思ったことがあります。


そんな時、僕がいつも心がけている
チェックリストを今日はご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《短期的に商品が売れなくなったとき、
まず確認すべき4つのこと》

(1)競合サイトを見てみる

→競合が何か強いオファーやキャンペーンを
打ち出している場合、一時的に自社へのお客様は、
少なくなることがある。


(2)Google Adwords(PPC広告)で、
広告の掲載順位とインプレッションシェアを確認。

→自社の広告順位が通常より下がっている。
または、インプレッションシェアが通常より
低くなっている時は、競合が広告費用を上げた
可能性が強い。


(3)Google Analyticsで、アクセスの数を確認

→アクセスの数に変化はないか?
もし、アクセスはとれているのに成約が少ないのであれば、
競合のオファーに負けてしまっている可能性が強い。


(4)月間単位での成約数を確認する

→月間での成約数に変わりはなく、
競合に特に変化は見られない場合、
ただ一時的に購入者が少ないだけ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、僕の場合、大抵(4)の一時的に
購入者が少ないだけという結論に終わることが多いです。


ビジネスもショップも、波というものがあるので、
いくらオファーやキャンペーンを出しても、
お客様が思うように動かない時もあります。


そんな時、慌てることなくちゃんと数字で
判断できれば余計な心配をせずに済みます。


逆に数字で判断できない場合、
あれを変えたり、これを変えたりと
やらなくても良い改善を延々と繰り返し、
時間をかけて行うことになります。


原因はすべて数字で判断する。
数字は悪いところを教えてくれる医者。
数字は何をすべきか教えてくれる教師。
数字はダイレクトマーケティングにおいて王様。


もし、あなたのサイトがアクセスの集計を
とっていないのであれば、今すぐアクセス解析を
導入することを強くお勧めします。


PS.
Google Analyticsなら無料ですぐに
ダウンロードして使うことができます。


PPS.
こちらのマスターコースを申し込むと
特典にGoogle Analytics設置の動画案内を
もらうことができます。
http://fixyourmarketing.net/ppcdrm4.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop