Just result! - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > Just result!

Just result!

2016年07月05日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Carnegieのフィットネスジムより


いつも近所のジムに行くと見かけるのが、
グループトレーニングの人達。


その中でもひときわ目立つのが、
ボディコンバットと呼ばれる、パンチ、キックを
動作に組み合わせたエアロビクスのプログラムがあります。


広めの部屋にトレーナーは1人、
ハンズフリーのマイクを使って、だいたい15人-20人
くらいの人達にレッスンを行っています。


僕はやったことないですが、
部屋はいつも暗めでナイトクラブのような照明があり、
戦闘意欲をかき立てるような激しい音楽の中で、
トレーナーの人が皆に激をとばしています。


「左、右、もっと高く!休まず続けて!」


その激のとばし方ですが、僕が最近チラ聞きした中で
特に印象深い、厳しい言葉があったのですが、


トレーナー「いいか、今年こそは一切甘えを許すな!
ただ結果だけを追い求めろ!」


「ただ結果だけを=just result!」


「Just result! = 結果がすべて」


仕事でも、どんなに自分では頑張っていたとしても
それに結果がついてこなければ、周りや上司からは
アイツはあまり頑張っていない、と評価されてしまう事って
よくありますよね?


または、対して努力や苦労もしていないのに
評価の高い人がいるのも事実としてありますね。


オンラインショップやマーケティングでも、
どんなに頑張ってサイトを作って、魅力的な
コンテンツを作り上げたとしても、
結局、評価するのは他人(お客様)なので、


「自分はこんなに頑張っているのに、結果がでない...」
と言っても何も状況はよくなることはありません。


むしろ、結果が出ていないことに対しては、
きっぱりとやめる勇気の方が大切だと思います。


これまで、何10時間、何100時間もかけて、
サイトを作ってきたのに、そのビジネスを
きっぱりやめるというのは、正直受け入れがたいと思います。


しかし、間違った方向に努力をすることは、
自分の経験として蓄積はされますが、
ビジネス面では何の進歩もありません。


ビジネスでもマーケティングでも、
前例のない市場や商品に関しては、
ある程度、テストの期間や費用を決めて、
やめる時はきっぱりと手を引く。


そうやって素早く次のニッチに切り替える方が、
費用面でも時間面でもコストは少なく、
結果を出せる可能性も高くなります。


「Just result!」を追い求めるなら、
一心不乱に頑張るだけでなく、切り替えの素早さも
また結果を出すのに大事だと思いますが、
あなたはどう思いますか?


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらから
ご投稿ください。
https://55auto.biz/smartventure/touroku/entryform8.htm


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop