疲れにくいビジネスを作るには? - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 疲れにくいビジネスを作るには?

疲れにくいビジネスを作るには?

2016年07月14日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


早朝5:30、体が鉛のように重い...。


最近、はっきりと体の疲れを感じるように
なってきたのですが、
どうやらフィットネスジムに行った次の日は、
決まって体が重く、朝起きづらい症候群に襲われます。


毎回、1時間ほどのウェイトトレーニングなのですが、
週に2回ぐらい行っています。


トレーニング後は、筋肉リカバリー系のサプリも
欠かさず飲んでいるのですが、あまり効いている感じがしません。


ジムに行くことは好きなので、できればこの全身に
Gがかかったようなだるさを何とか改善できないかと
以前、何度かコーチを受けたパーソナルトレーナーの
Brendan氏に相談したところ、、、


「週2回?それじゃ体がついてこないだろう。
トレーニングの回数を増やすんだ。いいな」


と、週3回以上のトレーニングを勧められました。


とは言っても、ただ今まで以上に体に
負荷をかけるのではなく、
日ごとに違う部位を鍛えるといったものです。


例えば、ベンチプレスをやったら、
その次のトレーニングは何か別のものをやる、など


今、僕には全部で10のエクササイズがあるのですが、
それを毎回5つずつ、交互にやっていくという方法です。


その結果、特定の部位が必要以上に疲れることなく、
バランスよく全身を鍛えることができるという訳です。


後は、なるべく毎日トレーニングをすることで、
疲れにくい体になるとの事。


今、トレーニングの翌日疲れてしまうのは、
トレーニングの回数が少ないからなのですね。


疲れたら、体が回復するまで待つ、ではなく
疲れない体をつくる事が大事なようです。


そう、思い返してみれば、
僕が副業でビジネスを始めたばかりの時も、
似たようなことがありました。


それは、何か新しいマーケティングのアイデアが
あったら、すぐに試すということです。


「このPPC広告の新しいキャンペーン、すごく良さそう。
いつこれを実行しようかな?」ではなく、
「どうすれば今すぐこれを試せるだろうか?」と
考え方を切り替えるのです。


そして、失敗したらどうしようとか考えずに
上手く行けばラッキー、ぐらいの期待値で臨みます。


その結果、小さな失敗の数は増えますが、
行動の早さが上がるため、成功にも早くたどり着けます。


ユニクロの会長の本にも「1勝9敗」とあるように
事業やマーケティングも10回に1回成功すれば
良い方だと言われていますね。


これは、個人ビジネスやネットショップでも
同じことだと思います。


むしろ、失敗するたびに、
「また1歩、成功に近づくことができた」と
自分を褒めてあげてもいいと思います。


失敗とは言っても、何百万もするような
大企業の新規事業の失敗とは違って、
個人ビジネスの失敗は、時間的、金銭的な痛手は
ずっと少ないはずです。


失敗するスピードを早めることで、
成功をより早く引き寄せることができる。


疲れる体をもっと使うことで、
疲れない体に仕上げていくことができる。


似ているようで違う意味にも見えますが、
今のあなたの行動力を上げるヒントになれば幸いです。


P.S.
もし、あなたが海外ネットショップオーナーの
仕事に興味があるならば、
1度、こちらの動画を見てください。

「海外ネットショップ_結果を出すために必要な姿勢とは?(7:15)」
↓↓↓
https://vimeo.com/156604763




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop