「きみ、おるわなぁ...」 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 「きみ、おるわなぁ...」

「きみ、おるわなぁ...」

2017年03月24日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


「きみ、風の声を聞いても学ぶものがおるわなぁ...」


こちらはあの故・松下幸之助氏の名言です。


学ぶ心があれば、世の中の様々なことから
教えをもらうことができる、そんな内容の言葉です。


これに類似したことわざで、
「学ぶ心あれば師現る」があります。


どちらの言葉も共通して言えるのが、
本や先生から教わる事が全てではなく、
自発的に身近な事から学ぶ姿勢が大事だという事です。


これをよくアンテナを立てておく、とも言いますよね。


例えば僕の場合、街中で見る広告や
キャッチフレーズなど、
自分で広告文を書く時に役立つアイデアを見たら
すぐにiPhoneのメモ帳に記録しておきます。


メルマガのネタも一緒ですね、
毎日書いていると自分の中の経験だけでは、
追いつかない事があります。


だから、なるべく外に出たら、
何か1つでもネタになるような事を
持って帰るようにしています。


あと、よく言われるのが、
毎日、変化のない同じパターンで生活していると
得られるものが少なくなるという事です。


毎日、同じ時刻に家を出て、
同じ時間の電車に乗って、
同じカフェで同じコーヒーを飲み、
同じ人達と仕事をして、同じランチを食べ、
同じ時刻に同じ帰路で家に帰る。


仕事のパターンは変えられないとしても、
それ以外の部分で行動のパターンを変えてみると
感性が刺激されて、違った視点が見えてくると言います。


毎日はやらなくても良いですが、
朝、家を出る時間を変えてみたり、
違うカフェに行って違う飲み物を頼む、
ランチも違うところを探す、
1本前のホームで降りて寄り道して帰る、
など、


やってみると分かりますが、
そこから様々なストーリーを拾ってくることが
できますので、書くことが増えます。


もちろん、メルマガを書く以外にも
創造力を鍛えることでビジネスのアイデアも
浮かびやすくなります。


本や先生から学ぶだけではなく、
こういった身近なところから学ぶ癖を
つけていると、後々役に立つことがありますよ。


PS.
でも、本や先生から学ぶのも大事です。
何かオススメの本はありますか?と聞かれれば、
こちらをよく紹介しています。


セールス・マーケティングに
あまり詳しくない人でも、
楽しく読めて為になる1冊です


シュガーマンのマーケティング30の法則
〜お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは〜



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop