学校へ行くな - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 学校へ行くな

学校へ行くな

2016年10月06日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


僕は中学生の時までは勉強ができて、
そこそこ優等生でした。


なるべく先生や親の言うことを聞いて、
期待に応えることが正しいことだと
信じていましたが、


高校生になり、自分でやれる事の幅が
広くなると、勉強よりもアルバイトして
自由に使えるお金を稼ぐ方が楽しくなりました。


そして15年ほど経った今でも、
その感覚は変わっていないと思います。


「お金を稼ぐ>お金をもらう」


思い出してみてください。
あなたが中学生の時までは、
親からもらったお小遣いが自分が使える
お金のすべてでした。


でも、高校生、大学生になると、
自分でアルバイトをしてお金を稼ぐという
選択をすることができます。


そして、大人になり社会人になると、
今度は会社からお金(給料)をもらうことになります。


しかし、一部の人はそのお金だけでは
満足できず、副業を始めたり、
起業してもっと多くのお金を稼ごうと考えます。


中には、「スキルアップのための学校」や
「ビジネススクール」に通う人達も
多くいますよね。


でも、ここで少し疑問なのが
お金を稼ぐための学校なんて
果たしてあるのかといったところです。


だいぶ前に読んだ本で、名前は忘れましたが、
学校や社会は、実際のところ、
誰かがが起業して、人よりも多くお金を
稼ぐことを良く思わないようです。


どこかに成功者が現れて、
お金を稼ぎ始めると
大企業など既存の会社に勤める人達が
減給やリストラされたりと不都合なことが起こります。


だから社会は皆が優等生で、
決められた枠からはみ出さない人を
育てることに力を注ぎます。


起業家であり、「金持ち父さん」関係の
ベストセラー作家であるハワイの実業家、
ロバート・キヨサキ氏の言葉で、
これと同じことを意味したものがあるのですが、


If you want to be rich and happy don't go to school.
「豊かで幸せになりたいなら、学校へ行くな」


学校に行って勉強することは、
良い「従業員」になるための一番の訓練だと、
キヨサキ氏は数々の書籍で話しています。


そして今の時代、会社で昇級したとしても、
増えるのはせいぜい月に2万円程度。


従業員とは得てして、
会社から最低限の賃金しか
もらう事が出来ないのは、あなたもご存知だと思います。


それ以上のお金を稼ぎたければ、
従業員の枠から出たところで、
何か他の事をする必要がありますよね。


それは、学校や社会が教えてくれる事とは、
正反対なことのような気がします。


だから、もしあなたがスキルアップのために
学校に行く事を考えているなら、


学校に行かなくても自分で何とか出来ないだろうか?
と再度、自分に尋ねてみてください。


学校から得られる良い従業員になるための
スキルとマインドセットは果たして、
本当に自分が望んでいることだろうか?と。


意外なところに、学校に行かずとも
収入を増やすことができる方法が
あるかもしれませんよ。


P.S.
本の名前、思い出しました。
「金持ち父さんの起業する前に読む本」  ロバート・キヨサキ著



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop