メルマガ、ブログで見込み客と関係を築くための3つのポイント - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > メルマガ、ブログで見込み客と関係を築くための3つのポイント

メルマガ、ブログで見込み客と関係を築くための3つのポイント

2017年04月08日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


突然ですが、あなたは
ブログやメルマガで見込み客との
コミュニケーションを日々行っていますか?


もし、そうだとしたら今日の内容は、
あなたのブログコンテンツをより
意味のあるものにするために
役に立つ内容かもしれません。


あなたがブログやメルマガで書く内容は、
見込み客の信頼を上げることもあれば、
逆に信頼を落としてしまう事もあります。


これを僕は、「信頼残高」と呼んでいます。


見込み客の信頼残高は積み重ねる事で、
商品の購入につながりますが、
逆に落としてしまうと、メルマガの配信解除や
ブログに戻ってこなくなったりと
とても大事なところです。


そこで、今日はメルマガ、ブログで
読者と関係を築く、
いわゆる「信頼残高を上げる」
コンテンツについてお話ししたいと思います。


■信頼残高を上げるコンテンツ1:
常に相手のベネフィットを意識する


ブログやメルマガなどのコンテンツを読む際に、
読み手が考えること、それは、、、


「What's in it for me?」
(これを読む事で、何かメリットがあるのだろうか?)


あなたが持っている専門知識の中から
・相手の役に立ちそうなこと、
・生活を向上させるためのポイントについてシェアする。


その前後で、ちょっとした雑学や、
個人的な近況や心が温まるストーリーなどに
関連させれば、さらにパーソナルで
読みやすいコンテンツが出来上がります。


コンテンツを書く時に一番大事なのが、
自分が言いたいことよりも
相手が聞きたいことについてフォーカスして考える。
そうすると、より相手の関心を引きつけやすくなります。


また読者の役に立つコンテンツは、
Googleなどの検索エンジンにも高く評価されるので、
あなたのブログが自然検索で表示される
可能性が高くなります。

■信頼残高を上げるコンテンツ2:
双方向的なコミュニケーションを意識する。


よくラジオ番組のDJの人が
リスナーからのお便りを読んで、
自分の経験や意見などを話していますよね。


リスナーの質問に直接答えることで
相手に自分をもっと身近に感じてもらえる訳です。


最初のポイントにも関連しますが、
自分の話だけを持ってくるのではなく、
相手の好きな話題や悩みなどに対して、
自分というフィルターを通して答えてあげる。


当然、そこには自分のパーソナリティが出ますので、
共感してくれる人ができて、
ファンを集めやすくなります。


■信頼残高を上げるコンテンツ3:
失敗ストーリーをシェアする。


世の中のどんなに著名な人でも、
その人の失敗談を垣間見ると、
なんだか安心感を感じますよね。


「そんな人でも失敗するんだ。だから失敗があって当たり前。」


逆に成功した話や上手くいったことだけを
書いている人は、あまり信用されないばかりか、


「なんかこの人の話って自慢ばかり、、、」
とマイナスのイメージを持たれる事もあります。


失敗談にはその人のパーソナリティーが出ますので、
より人を引きつける力を持っています。
少し恥ずかしい事でも暴露(笑)するようにしましょう。


それでは、逆に信頼残高を下げるコンテンツとは、
何でしょうか?

「読み手の事を否定する」
「暗い話題、人の悪口」
「成功した話オンリーで自慢ばかり」
「君臨してようとしている、話し方が偉そう」
「いつも売り込みが激しい」
「自分の思い込みを一方的に話す」
「専門用語ばかりで読みづらい」
「一般論、当たり障りのない話」


僕も毎回、メルマガの見直しに上記のポイントを
見るようにしていますが、
自分のコンテンツが少しでも上記のように
なっていたとしたら、修正を加えるようにします。


もし、あなたが
「いまいちブログ、メルマガの反応が悪いんだよな、、、」
と思ったら、


それは信頼残高を上げることをしているのか、
それとも信頼残高を下げているのか、
今日の内容を元に振り返ってみてはいかがでしょうか?


PS.
0からリスト構築を行い、メルマガで関係を築き、
セールスレターで売上を上げる。


僕も実際にこのメルマガにて行っている
オンラインビジネス最強の戦略で、
あなたにも必ず身につけて欲しいスキルです。


そのスキルを自分のものにすることが
できるとしたらどうしますか?


新コース「リストマーケティングコース」は、
明日、ついに公開となります。



お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事




PageTop