「待たない」技術 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 「待たない」技術

「待たない」技術

2016年10月10日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


僕は小学生の時、ある事でよく
先生によく怒られることがありました。


それは、「勝手にやる」ことです。


勝手とは言っても、いい加減にやる事とは違って、
正確に言えば「先生の指示を仰がない」という事です。


「ボクはこう思うから、ここにこれを置こう」
こういう風に自分の考えで行動すると決まって、


「なんで先生に聞かないの!?」
と注意されます。


先生に聞かないのは、当時聞く事が
恥ずかしいというシャイな気持ちから
来るものもあったのですが、


それ以上に小学生の僕の心を支配していたのは、、、
「自分の考えたやり方で褒められたら嬉しい」
という事でした。


今でこそ、日本にも個性を伸ばそうとする
教育方針にシフトしつつあるようですが、
今から20数年前は、まだそんな事はなく、


「先生の言う事を正しく聞ける」生徒が、
より高く評価されていたと思います。


それは、大人になって社会人になってからも
同じ事が続きます。


あなたも言われた事があるはずですが、
よくある報告、連絡、相談の「ほう・れん・そう」は、
上司や先輩から徹底するように言われます。


そして、今自分でビジネスをするようになって、
日本の社会人時代に教わった「ほう・れん・そう」は
全く役に立たないことがわかりました。


個人事業やスモールビジネスを経営するオーナーは、
基本、自分1人で決断をしなければいけません。


中には、経営者仲間やメンターに相談する人が
いるかもしれません。


しかし、学校や会社員と違うところは、
相談した結果、ビジネスで失敗したとしても、
それは自分の責任で
相手は何もフォローしてくれないということです。


相談で得られるのは、あくまで他人の意見であって、
それをどう活かすかは、自分で考えをまとめ
決断しなければいけません。


こうなってくると、失敗を恐れるあまり、
なかなか行動できない人が多くいるのですが、
僕はあえて果敢に行動する人のマインドセットを
持つように心がけています。


それは、「待たない技術」と言えるかもしれません。


「待たない技術」があれば、
100%準備ができていなくても、スタートを切ることができ、
課題を実践の中で見つけていくことができ、
小さな失敗を進んで受け入れることができ、
その結果、圧倒的に早いスピードで成長することができます。


しかし、それを自然にできる人というのは、
実は少数派で、失敗しない技術を徹底して
教え込まれた人達には、
なかなか受け入れられないマインドかもしれません。


現にそう言った人達は、1度副業やビジネスで失敗したら
再チャレンジはせず、普通の会社員に戻ります。


本当は何度も失敗して、その都度次の手を
考えていかなければいけないのですが、
行動のスピードが遅いと、次のドアを開ける前に「待って」しまいます。


その結果、腰が重くなり行動力が出ないまま、
起業人生を終えてしまうのです。


「待たない技術」は意識することで強くできます。
意思決定の時に「待たない」、「スピード」、「小さな失敗」と
心の中でつぶやいてみると、あなたの行動力を上げることが
できるかもしれません。


成功哲学の父と呼ばれたナポレオン・ヒル氏の言葉に
「失敗や逆境の中には、すべてそれ相応かそれ以上の
大きな利益の種子が含まれている。」とあるように、


あなたも明日から「待たない」ことを意識して、
失敗しても進んで受け入れるマインドを持つように
行動指針を変えてみてはいかがでしょうか?


PS.
海外ネットショップオーナーの養成講座が
リニューアルしました。
5名限定で募集を再開しています。


10月20日までリニューアル記念の特別価格にて
お申し込みできます。
今すぐ下のリンクをクリックして詳細をご確認ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-10.php


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
当メルマガにて公開回答しています。
ご質問・ご相談はこちらから。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop