儲からないネットショップとは - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 儲からないネットショップとは

儲からないネットショップとは

2016年05月06日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


海外ネットショップを運営する上で、
一番に考えなければいけないこと。


それは、
購入したお客様に満足してもらうことでもなく、
自分のブランドを有名にすることでもなく、
正規代理店として販売数を増やすことでもありません。


もちろん上の3つは、ネットショップの運営の中で、
付加価値として付いてくるものですが、


それよりも大前提でなければいけないこと、
それは、、、販売して利益が出ることです。


ネットショップは売るだけなら誰でもできます。
AmazonやBuymaに人気のブランドを載せておけば、
「こんな簡単でいいの?」というくらい
ポンポン注文が入ってきます。


しかし、モール系ショップは集客・販売が楽な分、
多額の販売手数料をとられることになります。


Amazon、ebayの販売手数料は販売者側に15%、
Buymaの販売手数料はお客側に5%、販売者側に5%(計10%)


3万円の商品を販売したら、4500円が
手数料として売上から引かれていきます。


例えば3万円の売上が月々10回あるとして、
手数料4500円x10=月々45000円、
45000円 x 12ヶ月で年間450000円、


月々たったの10件の販売でも、
年間45万円も損している計算になります。


この15%の手数料は長期的に考えたら、
かなりの額の利益を失っていることがわかると思いますが、
これを解決するにはどうしたらよいでしょうか?


答えは、ご存知の通り「独自ショップの作成」です。


利益が多く取れる独自ショップで、
販売力をつけて着実にお客様を増やしていけば、
その成長幅はモール系の比ではありません。


新規顧客を1人集めるのに広告費を2000円費やしたとしても、
リピートの販売では、この広告費は0円になります。


しかし、モール系は新規・リピートに関わらず、
毎回、販売する毎に手数料を取られます。


とてももったいないですし、何だか悔しいですよね。
自分のビジネスなのにモールに掲載するだけで、
年間45万円以上損していたら...


なので、僕がお勧めする海外ネットショップでは、
ショップオーナーに集客力と販売力を磨いて、
モールに頼らずとも、自分のショップだけで、
高い利益が取れるような施策についてお伝えしています。


あなたがどのようなショップにしたいのかは、
分かりませんが、今日のメルマガに書いた内容で
これだけは覚えておいてください。


(1)ネットショップは利益が最優先
(2)独自ショップは利益を多く出せるが、モールの集客を利用できない
(3)集客力と販売力を磨くことによって、そのハンデは十分解消できる


利益が出せずにいつまでも、販売するたびに赤字...
ではショップ運営は辛いものになってしまいます。


やるならちゃんと利益を出せて、それでいてお客様に感謝されて、
の方が断然楽しく、モチベーションも上がると思います。


初めから楽にショップ運営ができるモールと
ちょっと勉強しなければいけないけど、
将来的に楽に運営できる独自ショップ、


あなたはどちらのスタイルでネットショップを
運営するべきか、明らかだとは思いますが、
今一度、振り返って検討してみてください。


P.S.
集客力・販売力もそうですが、
商品の選び方も利益を出す上でとても大事です。


こちらのビデオを期間限定で視聴できるようにしました。
↓↓↓
「海外ネットショップ_商品の選び方のポイント(8:32)」
https://vimeo.com/156640379


PPS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらからご投稿ください。


PPPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
当メルマガにて公開回答しています。
ご質問・ご相談はこちらから。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop