「コミュニケーションが苦手」という人へ - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 「コミュニケーションが苦手」という人へ

「コミュニケーションが苦手」という人へ

2016年11月20日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


「8割聞いて、2割話す」
よくコニュニケーションを円滑にする方法として
知られていますが、僕がいつも心がけていることです。


と、いうより僕は元々話し下手な方なので、
意識しなくても相手が多く話す状況の方が
心地良く感じますし、


相手も自分の話を十分に聞いてもらえるので、
気分が良くなるのか、
それで上手く会話が成り立つことが多いのです。


また、コミュニケーションはただ黙って聞くだけでなくて、
自分から相手の事を聞いてあげるのも大事ですね。


以前ホテルで働いていた時、ゲストとの会話で
「この人は素晴らしい人だなぁ」と感じた時、
決まって相手は、僕の事をよく聞いていたのを覚えています。


相手の事を聞いてあげることで、
相手に重要感を持たせることができますし、
自分が重要視される事は、誰にとっても嬉しいはずですよね。


僕がこのメルマガを書くときも、
なるべく独りよがりにならずに
なるべく相手が興味を持ちそうな事を考えて、
書くようにしています。


「相手が好きそうな話題とは?」
「相手がついつい読んでみたくなるタイトルの付け方とは?」
「相手が読んでいて疲れない文章の書き方とは?」


ただのブログでも、1人よがりになるのではなく、
こういった読者の立場を意識して書くと、
より読みやすい内容になるはずです。


文章を書くのも、会話をするのと一緒で
相手とのコミュニケーションが大事ということですね。


しかしながら、残念なことに
インターネットのビジネスをやりたい人には
コミュニケーションを重視しない人が多いようです。


例えば、、、
「自分は社会不適合者でした。そんな僕が
ある日突然、月収100万円を稼げるようになった
魔法のネットビジネスのツールとは?」


僕が、避けて使わないようにしているこの言葉、
「ネットビジネス」と検索すると上のような儲け話が、
吐いて捨てるほど出てきます。


自分で自分を社会不適合者と言う人は、
得てして人とのコミュニケーションを
軽視していて、自分の世界の話しかしない、
そんな独りよがりなイメージがします。


コミュニケーションを軽視すると、
コミュニケーションが苦手は全く違います。
後者は、良くなろうという前向きな姿勢があります。


もし、あなたが自分の事を
「コミュニケーションが苦手」と思うなら、
無理せずにまずは相手に話させる事や、
相手のことを中心に話題を出してみると
会話が上手くいくと思いますよ。


ネットショップやマーケティングの話とは、
少し少し違った話ですが、あなたのビジネスに
参考になれば幸いです。


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらからご投稿ください。


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
当メルマガにて公開回答しています。
ご質問・ご相談はこちらから。




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop