2016年12月 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 2016年12月

サラリーマン的思考

2016年12月01日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From:高橋裕紀
Melbourneの自宅より


「すべての信号が青になるのを待ってはいけない。
起業家にとってすべての条件が揃うことはなく、
どこかのタイミングで見切り発車しなければいけない。」


金持ち父さん関連の書籍で有名な起業家の
ロバート・キヨサキ氏はこう言っています。


起業でも副業でも、ビジネスを始めるにあたって
失敗をしたくないというのは誰もが思うこと。


もっとちゃんと勉強をしてから、
今受けている認定コースを修了したら、
もっと良い人脈やコネができてから、
信頼できるビジネスパートナーが見つかったら、
完璧なビジネスプランが出来上がったら、
まずは会計士、税理士に相談してから、
etc...


このような全ての条件が揃うまで、
行動しない人を僕達ビジネスをする人間は、
「サラリーマン的思考人間」と呼んでいます。


なぜ、サラリーマン的思考かというと、
僕が昔、サラリーマンだったから
これはよく分かるのですが、


組織社会では失敗が許されないせいか、
「行動する」よりも「条件を整える」ことを
優先する人がとても多いんですね。


「良い条件さえ手に入れれば、自分のビジネスは成功する。
だから、普段から勉強、人脈作りに励み
完璧なレール作りをすることが大切だ。」


一見して、間違っていないように見えますが、
ただ1つ、ビジネスで結果を出すために
絶対的に必要な要素が欠けているとしたら
それは何でしょうか?


それは、「失敗を恐れないこと」だと思います。


僕が数年前、より良い収入を得ようと思って始めた
最初のネットショップでは、実のところ失敗しています。


それも、結構な惨敗です(笑)


自分の中で「絶対これは売れる!」と思った商品があって、
業者に高いお金を払ってショップサイトを作り、
海外から大量の在庫を仕入れ、
検品に多大な時間を費やして、
ラッピングのための包装紙も1000枚買いました。


およそ5000ドルの投資を行った
僕の最初のネットショップのビジネスは、
結局のところ、200ドル程度のリターンしか
生みませんでした。


さすがに「これはダメだ」と思い、
方向性を変えて、別の商品を新しいショップで
販売してみたところ、今度は上手くいきました。


そこで、上手くいったショップに
他に売れそうだと思った商品を掲載して、
販売してみると、まったく売れませんでした。


それ以降も、様々な施策を試そうとして、
様々な商品、キャンペーン、広告、メルマガなどを試し、
さらに失敗を多く重ね、たまに成功が生まれるといった
サイクルを繰り返してきましたが、


「今度こそ上手くいく」と自信を持って始めたことでも、
意外と上手くいかないことが多いんですよね。


だから「サラリーマン的思考」で、
自分のビジネスアイデアを磨き、
より条件を整えてから挑戦したとしても、
残念ながら失敗する可能性はあります。


それだったら、手っ取り早く行動して
失敗から学ぶ方が、成功を見つけるのも早く、
時間的、金銭的なロスも少なくて済むと
僕は思いますが、あなたはどう思いますか?


PS.
昨日まで募集をしておりました
「海外ネットショップオーナー養成講座」では、
過去の自分の失敗経験から、事前に上手くいかないパターン等を
しっかりお伝えしていきます。


今回、お申し込みされなかった方は、
次回の募集をお待ちください。




  


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop