2016年7月 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 2016年7月

スロースターターは欠点?

2016年07月17日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


あれは確か20代半ばあたりの時だったと思いますが、
母親に言われた言葉で衝撃的なものがありました。


「あなたはスロースターターだからね」


その時は、なぜそんな事を言われたのか、
よく分からなかったのですが、後々考えてみると
確かにそう言われてみれば、、、という場面がありました。


・小学校の夏休みの宿題を8月後半になって始める

・高校2年生の時に買ったギターをずっと放置で、
高校卒業と同時にようやく練習し始める

・高校生の時から、海外に住んでみたいと思ったが、
24歳まで実家暮らし、海外旅行の経験もなし

・20代の頃から起業する!と言っておいて、
実際に始めたのは30歳を過ぎてから


こうやって書くと、決断が遅く、
後伸ばしをする悪い習慣を持った人に
聞こえそうですが、
母親が言ったこのスロースターターの意味は、
実は良い意味でのことでした。


それは、遅くても必ずスタートを切って
実行しているということです。


事実、スロースターターは最初はダメでも
徐々に調子を上げていく人のことを指していて、
歌手やスポーツ選手で後半になるにつれて、
だんだんと本領を発揮するタイプがそれにあたるようです。


例えば僕の場合、新しい仕事を始めると、
最初は覚えが遅いのか、なかなか上手くできません。
(一緒に始めた同期の方が、たいてい良い成績を出します)


でも、ある特定の時期を越えた段階で、
突然、僕が急激に伸び始めるので、
周りは「あれ?この人変わったな」と思います。


これは、本来の能力を発揮し始めたという
サインなのです。


20代の頃は、この自分の特徴になかなか気がつかず、
「何で自分はこんなに周りより遅れているんだろう...」と
気にしたこともありましたが、


今では、スロースターターな自分を自覚することで、
初めから焦らずに、長期的な視点をもって
ストレスなく物事に取り組むことができています。


これに関連して、スロースターターとは違った、
ネバースターター(造語)という人たちがいます。


ネバースターターとは、
何か始めたいことがある(あった)のに
何かとできない理由をつけて、結局やらない人の事です。


こういった人達の口癖として代表的なのが、

・「いいなぁ、私ももうあと10年若かったらなぁ」
・「今やってる勉強/プロジェクトがひと段落ついてから」
・「今はまだベストなタイミングではない。」
・「良いパートナーに出会えれば、すぐにでも始める」
・「ビジネスを始める前にクレーム対応の勉強をしっかりやってから」


何かにつけて「●●だったら」「●●があれば」
「●●をやってから」の
「タラレバカラ」を繰り替えするだけで、結局何も行動しません。


そして、多少話は変わりますが行動に関して
以下は、有名な本からの引用です。

やりたい人:90%
始める人:10%
続ける人:2%


例えば起業をしたい人が100人中90人いたら、
始める人は10人、そして続ける人はたったの2人ということです。


この始めた10人の人達がスロースターターなだけで、
続けてたら上手くいったかもしれないと考えると
結果が出る前にやめてしまうのはもったいないですよね。


起業でも副業でも、ビジネスをするなら
無理なく続けていけるものを選ぶことで、
初めは結果が出なくても、少しづつ成果が実り、
あるタイミングで一気に花を咲かせることがあります。


今までの自分を振り返ってみて、
あなたは僕のようにスロースターターではないでしょうか?


もし、そうだとしたら結果が出るまで時間がかかっても
ビジネスを続けていくためには、どうしたら良いと思いますか?


P.S.
もし、あなたが副業でできる海外ネットショップに
興味があるなら、オンライン動画を見ながら、
無理なく自分のペースで進めていける
こちらのコースでスキルを身につけてみませんか?


今なら67%割引で申し込みできるチャンスです。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-9.php

(残り募集枠:あと3名です)




疲れにくいビジネスを作るには?

2016年07月14日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


早朝5:30、体が鉛のように重い...。


最近、はっきりと体の疲れを感じるように
なってきたのですが、
どうやらフィットネスジムに行った次の日は、
決まって体が重く、朝起きづらい症候群に襲われます。


毎回、1時間ほどのウェイトトレーニングなのですが、
週に2回ぐらい行っています。


トレーニング後は、筋肉リカバリー系のサプリも
欠かさず飲んでいるのですが、あまり効いている感じがしません。


ジムに行くことは好きなので、できればこの全身に
Gがかかったようなだるさを何とか改善できないかと
以前、何度かコーチを受けたパーソナルトレーナーの
Brendan氏に相談したところ、、、


「週2回?それじゃ体がついてこないだろう。
トレーニングの回数を増やすんだ。いいな」


と、週3回以上のトレーニングを勧められました。


とは言っても、ただ今まで以上に体に
負荷をかけるのではなく、
日ごとに違う部位を鍛えるといったものです。


例えば、ベンチプレスをやったら、
その次のトレーニングは何か別のものをやる、など


今、僕には全部で10のエクササイズがあるのですが、
それを毎回5つずつ、交互にやっていくという方法です。


その結果、特定の部位が必要以上に疲れることなく、
バランスよく全身を鍛えることができるという訳です。


後は、なるべく毎日トレーニングをすることで、
疲れにくい体になるとの事。


今、トレーニングの翌日疲れてしまうのは、
トレーニングの回数が少ないからなのですね。


疲れたら、体が回復するまで待つ、ではなく
疲れない体をつくる事が大事なようです。


そう、思い返してみれば、
僕が副業でビジネスを始めたばかりの時も、
似たようなことがありました。


それは、何か新しいマーケティングのアイデアが
あったら、すぐに試すということです。


「このPPC広告の新しいキャンペーン、すごく良さそう。
いつこれを実行しようかな?」ではなく、
「どうすれば今すぐこれを試せるだろうか?」と
考え方を切り替えるのです。


そして、失敗したらどうしようとか考えずに
上手く行けばラッキー、ぐらいの期待値で臨みます。


その結果、小さな失敗の数は増えますが、
行動の早さが上がるため、成功にも早くたどり着けます。


ユニクロの会長の本にも「1勝9敗」とあるように
事業やマーケティングも10回に1回成功すれば
良い方だと言われていますね。


これは、個人ビジネスやネットショップでも
同じことだと思います。


むしろ、失敗するたびに、
「また1歩、成功に近づくことができた」と
自分を褒めてあげてもいいと思います。


失敗とは言っても、何百万もするような
大企業の新規事業の失敗とは違って、
個人ビジネスの失敗は、時間的、金銭的な痛手は
ずっと少ないはずです。


失敗するスピードを早めることで、
成功をより早く引き寄せることができる。


疲れる体をもっと使うことで、
疲れない体に仕上げていくことができる。


似ているようで違う意味にも見えますが、
今のあなたの行動力を上げるヒントになれば幸いです。


P.S.
もし、あなたが海外ネットショップオーナーの
仕事に興味があるならば、
1度、こちらの動画を見てください。

「海外ネットショップ_結果を出すために必要な姿勢とは?(7:15)」
↓↓↓
https://vimeo.com/156604763




暑苦しいセールストーク

2016年07月13日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


最近、風邪が流行っていますね。


オーストラリアはちょうど真冬で、寒い日が続いています。
特に昨日は、午後から急激に気温が下がり、
日中なのに6度、と凍えるような寒さでした。


それなのに、夜遅くまでパソコンをやっていて、
貧乏性のため、ヒーターもつけずに作業していたら、、、


翌朝、熱をはかると体温38.1度。
完全に風邪にやられたみたいです...


とりあえず、必要最低限やらなければいけない
仕事だけは片付けておいて、
今進めているレポートもできるところまででいいか...
と考えていたところ、


調子が悪い時って、自分が思ったよりも
良いパフォーマンスが出ていることが多く、
予想以上にレポートの作成が進んだのです。


そういえば昔、家電量販店で販売員をしていた時、
調子が悪い時は、いつも以上に謙虚に無駄のない
セールストークをすることから、いつもよりも買ってくれる人が
多かったのを思い出しました。


体調が良い時の自分は、
とにかく買ってもらおうと思う気持ちが強すぎたのか、
不必要な事を多く話したり、熱が入りすぎたりして
それがお客様を遠ざけてしまっていたことも
多くありました。


これは、ウェブサイトやネットショップなどに書かれた
セールストークでも一緒です。


暑苦しいセールストークがお客様に
引かれてしまうのと同じで、
変に自分だけ盛り上がっているような
商品説明文は、信頼性を落としてしまうことがあります。


「至上最高の」や「誰もが憧れる」など、
あなたがフェラーリのような誰もが知ってる超高級車を
販売しているなら話は別ですが、


そうでない場合は、不必要な形容詞を使うのは避けて、
お客様のベネフィットを中心に伝えるのが無難です。


また、「!」を連呼しているような書き方も
読み手にプレッシャーを与えてしまい、
また、幼いイメージがついてしまうことから
プロフェッショナルなイメージを落としてしまいます。


商品やサービスをいくら「良いですよ!」と言ったところで、
その良い、悪いを決めるのはお客様です。
販売する側は、あくまで特徴やベネフィットを伝えるだけで、
お客様にはクールな立場で接しなければいけません。


「少し自分は販売に熱が入りすぎていないだろうか?」
と思ったら、少しボリュームダウンしてみたり、
不要な部分を削ったりしてみると、
意外と反応が良くなることがありますよ。


PS.
毎月5名限定募集の海外ネットショップオーナー
6ヶ月養成講座をあなたも受けてみませんか?
今なら講座受講に加えて、64600円分の特典が付いてきます。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-8.php




七夕はやめる事リストを紙に書く

2016年07月07日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


本日は7月7日、日本で言う七夕の日ですね。


七夕と言えば、願い事を短冊に書いて、
笹の葉に飾ると願い事が叶うといい、
小学校の頃、クラスの皆で願い事を見せ合ったりしましたよね。


そして、大人になった今、
七夕をお祝いする機会は少ないと思いますが、
達成したい事を紙に書く人は多くいると思います。


「今年こそは、年収●●円アップする!」
「今年こそは、本を毎月5冊は読む」
「今年こそは、独立して自分のビジネスを始める」


さて、2016年も折り返しとなりましたが、
新年に立てた目標は、達成できていますでしょうか?


もし、達成できていないとしたら
それは少し無理があった目標だったか、
別のより重要度の高いタスクに追われてしまったかの
どちらかだと思いますが、


そもそも、目標を無理に立てる必要はないと僕は思います。


例えば新年の目標でいうと、「今年は●●をやる」
「●●を達成する」などの、
達成型の目標が多くあると思うのですが、


僕は、むしろ「●●をやらない」といった
断捨離型の目標にフォーカスして
物事を考える事をオススメしています。


僕たちに与えられた時間は、
皆等しく1日24時間、1年365日です。


その中で、やらなきゃいけない、
達成しなきゃいけない事ばかりに
追われていて、


結局何もかもが中途半端で、
今年も目標を達成できずに
終わってしまうことはよくありますよね。


それだったら、むしろやらない事、
やめた方が良い事に焦点を
当ててみるともっと視点が変わると思います。


自分の普段の生活で無駄だと思われるもの、
きっぱりやめた方が良い事、
惰性で続けている事など、


これらをやめる事で新しい事に使える時間ができて、
本来の目標達成に必要な時間と労力をもっと
効果的に注げるのではないでしょうか?


例えば、僕が去年やめた事で、
いくつか例を挙げますと、、、


・家でアルコールを飲むのをやめる
・家でテレビを見るのをやめる
・facebookなどのソーシャルネットワーキングをやめる
・夜更かしをやめて朝方活動に変える
・将来的に見て長く付き合わないと
思われる人が集まるパーティーに行くのをやめる
・ここ3年愛用していたWindowsの
古いパソコンの使用をやめてMacbookに買い替え


これらをやめるだけでも、
膨大な時間とエネルギーの節約になり、
何か違った生産的な活動をする事が
できるようになります。


facebookやらなきゃ、皆に遅れていると言われる...
パーティーに行かなきゃ、次は誘ってもらえなくなる...
テレビを見なきゃ、最近の話題についていけない
など、


これらの事に使っている時間が、
自分の将来達成したい目標と
方向性があっているのか、


長期的な視点で見た場合、
自分の成功とはあまり関係がない事に
気がつくと思います。


僕は、SNSが好きな人も、
パーティーが好きな人もいて当然だと思います。


ただ、少ない時間の中で結果を出し、
家族との時間も大切にしたい
ビジネスパーソンを目指すのであれば、


何か身近な事でやめるべき事に気づく方が、
目標達成への近道になると思います。


そして、「やめる」という行動は、
「新しい事を始める」事に比べて、
ずっと少ないエネルギーで始められます。


もし、あなたが2016年の折り返し地点、
新しく何か目標を立てるとしたら、


古い荷物を捨てて身軽な状態で
始めた方が時間的にも体力的にも
上手くいく可能性が高いと思いますよ。


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらから
ご投稿ください。
https://55auto.biz/smartventure/touroku/entryform8.htm


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php




あと10分で日本国籍失効

2016年07月06日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


これは、つい先日僕がメルボルン市内のカフェで
仕事をしていた時の話です。


午後3時50分、その日やり終えるはずだった
ランディングページの原稿に煮詰まっていた頃、
ふと携帯をチェックしてみると
妻からのテキストメッセージが届いていました。


「至急電話して」


見てみるとその10分前に着信もあったようですが、
バッグに着信音OFFにした携帯を入れていたため、
まったく気づきませんでした。


至急電話なんて、何か嫌な予感がしました。
おそるおそる電話をかけてみたところ、


「ちょっと、今ハンナ(娘)のことで大変なことになっているの!」


慌てふためいた妻から出た最初の言葉でした。


ハンナに何があったんだろう?
僕は妻の次の言葉を待つ少しの間に
今まで体験したことのない、不安と恐怖にかられました。


まさか、、、突然意識不明になったとか?
すぐにタクシーで家に戻って、車で救急病院に連れて行くか?
それとも救急車を呼ぶべきか?


「...一体何があったの?」と妻に聞き返したところ、


「あと10分で、ハンナの出生届を出さないと、
日本国籍が失効になるって言われたの。
今日4時までに領事館に行かなきゃいけないんだけど、
タクシー呼んでも全然来ないの。」


どうやら、生まれてから3ヶ月以内に
出生届を領事館に提出しないといけなかったようです。
ずっと忘れていました。。


(ああ、よかった。命に関わる問題とかじゃないのか...)
とホッとしたのもつかの間。


シティにいる僕が、あと10分で領事館まで行かないと
娘は一生、日本人になれないことになります(※)。


(※)オーストラリアで永住者の両親から出生した子供は、
自動的にオーストラリア国籍となり、18歳まで
日本国籍を留保するといった流れになるそうです。


領事館はシティの反対側、すぐにタクシーを拾って
5分後にギリギリセーフで受付にたどり着き、
出生届の記入を行うことができました。


遅れてやってきた妻も、事前に電話で
必要書類について聞いていたため、
(多少、領事館の職員の方に残業して頂くことになりましたが、、、)
問題なく、すべての手続きを済ませることができました。


さて、なぜ出生届という大事な書類の提出を
忘れてしまったのか?
それには、明確な理由(言い訳)があります。


領事館からのお知らせに、日本国籍が失効になる
リスクについて、一番下に小さく書いてあったため、
僕も妻もすっかり見落としてしまったようです。


そんな大事なことなら、ご案内の一番上に
太字、赤字、さらに下線を含めて、


「注意!期日までに提出しないと、お子様の日本国籍は発行できません」
ともっと強調して書いておくべきです。


あなたも、ご自分のウェブサイトやショップサイトで
一番重要なポイントを一番よく見える場所に
掲載していますでしょうか?


この商品・サービスを購入することで得られる
1番のベネフィットについて。
または、この商品・サービスを購入しないことで、
失うかもしれない一番のリスクについて。


見込み客はいつでも、
「自分にとって、何が利益(不利益)となるのか?」
を第1に見ていて、会社名、商品名、サービス名を
覚えてもらうのは、2の次です。


出生届を提出しなくても、何の不利益も出ないのなら、
重要度は低いままで、誰も行動してくれません。


宣伝で人を行動させるのであれば、
まず、結論などの重要なことを先に
それから仕組みなどの中身について説明する方が、
より人の関心を呼べると思いますよ。


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらから
ご投稿ください。
https://55auto.biz/smartventure/touroku/entryform8.htm


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



Just result!

2016年07月05日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Carnegieのフィットネスジムより


いつも近所のジムに行くと見かけるのが、
グループトレーニングの人達。


その中でもひときわ目立つのが、
ボディコンバットと呼ばれる、パンチ、キックを
動作に組み合わせたエアロビクスのプログラムがあります。


広めの部屋にトレーナーは1人、
ハンズフリーのマイクを使って、だいたい15人-20人
くらいの人達にレッスンを行っています。


僕はやったことないですが、
部屋はいつも暗めでナイトクラブのような照明があり、
戦闘意欲をかき立てるような激しい音楽の中で、
トレーナーの人が皆に激をとばしています。


「左、右、もっと高く!休まず続けて!」


その激のとばし方ですが、僕が最近チラ聞きした中で
特に印象深い、厳しい言葉があったのですが、


トレーナー「いいか、今年こそは一切甘えを許すな!
ただ結果だけを追い求めろ!」


「ただ結果だけを=just result!」


「Just result! = 結果がすべて」


仕事でも、どんなに自分では頑張っていたとしても
それに結果がついてこなければ、周りや上司からは
アイツはあまり頑張っていない、と評価されてしまう事って
よくありますよね?


または、対して努力や苦労もしていないのに
評価の高い人がいるのも事実としてありますね。


オンラインショップやマーケティングでも、
どんなに頑張ってサイトを作って、魅力的な
コンテンツを作り上げたとしても、
結局、評価するのは他人(お客様)なので、


「自分はこんなに頑張っているのに、結果がでない...」
と言っても何も状況はよくなることはありません。


むしろ、結果が出ていないことに対しては、
きっぱりとやめる勇気の方が大切だと思います。


これまで、何10時間、何100時間もかけて、
サイトを作ってきたのに、そのビジネスを
きっぱりやめるというのは、正直受け入れがたいと思います。


しかし、間違った方向に努力をすることは、
自分の経験として蓄積はされますが、
ビジネス面では何の進歩もありません。


ビジネスでもマーケティングでも、
前例のない市場や商品に関しては、
ある程度、テストの期間や費用を決めて、
やめる時はきっぱりと手を引く。


そうやって素早く次のニッチに切り替える方が、
費用面でも時間面でもコストは少なく、
結果を出せる可能性も高くなります。


「Just result!」を追い求めるなら、
一心不乱に頑張るだけでなく、切り替えの素早さも
また結果を出すのに大事だと思いますが、
あなたはどう思いますか?


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらから
ご投稿ください。
https://55auto.biz/smartventure/touroku/entryform8.htm


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php




  


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop