2016年9月 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 2016年9月

昔の上司

2016年09月11日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 髙橋裕紀
Melbourneの自宅より


もう今から8年前、
僕がちょうどオーストラリアに行く前の
サラリーマン時代の頃です。


その時、尊敬していた上司にOさんという
長野県出身の僕より12歳上の男性がいました。


都内にあるソフトウェアのベンチャー企業に
ITも営業も未経験で入った僕をなぜか、
採用してくれた人物で、


学生時代は野球部で185cmと体格も良く、
仕事に熱く、豪快に笑う人でした。


未経験で、あまり人に誇れるような
経歴のない僕を
「絶対にコイツ入れたい」の一言で
周りを納得させたと聞き、


「あの時、何で僕を採用したのですか?」
後々になって、僕が会社を辞めた時に聞いてみました。


すると、、、
「他の社員の経歴と全く違っていたから」
だそうです。


それもそのはず、
そのベンチャー企業は誰でも知ってるような
大企業のスピンアウトから生まれた会社で、


社長をはじめ、社員は皆、
その大企業または、関連会社から引き抜かれた
言わば、「サラリーマン一筋」の人達でした。


対して僕は、ライブミュージックバーでの
バーテンダー兼イベント担当係、
テレビ局での視聴者電話対応オペレーター、
家電量販店での販売員、
そしてカナダでのワーキングホリデー、


「サラリーマン一筋」の人達からしたら、
なんてフラフラした奴、と思われたに違いありません。


その僕を採用してくれたOさんは、
取締役兼営業部長を務めていた人でしたが、


サラリーマン一筋の人ではなく、
過去に僕と少し似たような経験をしていた
と話してくれました。


彼は銀行に5年間勤めた後、音楽イベントの仕事をしたり、
渡米して現地のレストランで働いたり、
地元長野のホテルを経営する立場になったりと、
「サラリーマン一筋」とは違う生き方をしてきたようです。


他の社員にはない僕の経歴を買ったのは、
「大企業によく見られるような社風に変化を加えたい」
「社内に新しい風を吹き込みたかった」との事でした。


実際に働いてみれば分かりますが、
大企業出身の人は、自分の与えられた範囲外の
仕事を嫌がり、部署間で壁を作る傾向があります。


ベンチャー企業では、社員皆が一致団結して
同じ目的意識を共有していなければならないのに
その会社では社員同士が自分の立場を守るために
対立するような場面がよく見られました。


僕も上司のOさんも、「サラリーマン一筋」の
部類ではなかったために、最終的には
他の舞台を求めてその会社を去ることになったのですが、


「合わないと思ったら辞める」、「引き際を判断する」等、
安住を求めるサラリーマン一筋の人たちには
できない決断を実行できる側の人間だと思っています。


仕事では当然嫌なこともありますし、
我慢が必要な場面もよくあります。


ですが、最終的に自分がその場所にいたいか?
について疑問を感じるようであれば、
より良い環境を求めて動く姿勢も大事だと思います。


それは、人によっては転職だったり
起業してビジネスを始めることかもしれません。


ただ、確実に言えるのは、
リストラ、倒産などで会社を辞めなきゃいけない
状況になって初めて行動するより、


「いつクビになっても大丈夫」な状態に
準備しておく方が圧倒的に有利ですね。


もし、あなたが副業、サイドビジネスで
新しい収入源を作っていくなら、
できる限り早く行動した方が良いです。


ビジネスで結果が出るまでには、
どうしても時間がかかりますので、
最低でも今の仕事を辞める半年前には、
準備を始めておくのが良いと思います。


「仕事を辞めてから、いざビジネスを始める」より
仕事を辞める前に少しでも収入源があれば、
もっとスムーズに起業できると思いませんか?


PS.
海外の商品を日本に販売する
ネットショップのビジネスを始めてみたい方へ、
この12週間コースに沿ってショップ運営を行えば、
ゼロの状態から始めるよりも、ずっと確実に早く
結果を出すことができます。

今なら9月18日まで特別オファーのキャンペーンを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php




1という数字は1番危ない

2016年09月08日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


これは、ちょうど今から1年前、
僕の家に住んでいたハウスメイトのT君(29歳男)の話です。


ワーキングホリデーでメルボルンに来ていたT君は、
残りの4ヶ月間の滞在期間内で、ローカル環境での
仕事を探していました。


ワーキングホリデーで出来るローカル環境の仕事というと
大抵、飲食店でのアルバイトがほとんどですね。


僕は、オーストラリアで学生だった頃、
生活費を稼ぐためにローカルのカフェ、レストランで
アルバイト掛け持ちをしていた経験があったので、


彼にレジュメの書き方、良いお店の探し方など、
色々と教えてあげることができました。


そしてそれから1週間、
彼のひたむきな飛び込みバイト探しが
功を奏したのか、2つのローカルカフェから彼は
面接の機会をもらいました。


しかし、、、
彼はどちらか1つだけに絞ることを悩んでいました。


「何でどっちも面接行かないの?」
と僕が訪ねたところ、


「いや、初めに行ったカフェのオーナーの方が
気さくで印象が良かったし、
2つ掛け持ちするかもって言ったら、
悪い印象を与えそうで、それで1つにしようかなって...」


「掛け持ちなんて皆やってるよ。」


「でも、1つだけに絞ってみたいんです。
その方がシフトにもフレキシブルに対応できるから...」


それ以上、僕は彼に掛け持ちバイトをすることを
勧めませんでしたが、結果から言うと彼は、
2つとも仕事をもらうことができませんでした。


「こっちだ!」と直感が動いた方に絞って、
カフェのトライアルシフトに行ったところ、
残念ながら、上手くいかなかったようなのです。


そして、その後でもう1つの断った方のカフェに
再度、仕事の機会をもらえないか?と訪ねたところ、


もうそのカフェは他のアルバイトを見つけたから
今は募集していないと断られてしまいました。


「チャンスは同時に進める」


「1つの事だけに集中しなさい」
親や学校、または仕事で言われたことありませんか?


あれこれと気が散ったり、
長続きしないものに手を出したり、
タスクを多く抱えてしまい、結局1つも終わらなかったり、


複数のことを同時に行うことに
僕たちはあまり良いイメージを持っていませんよね。


でもこれって、彼のアルバイト探しに限ったことではなく、
ネットショップなどのビジネスを行う上でも、
あまり良い傾向ではありません。


1つのビジネスだけに固執して、
その可能性だけに頼ることほど、
リスクの高い方法はありません。


ネットショップに限らず、商品を販売する
どのビジネスにおいても同じかもしれませんが、
ブレイクする時期もあれば、衰退期も訪れます。


それを商品やブランドのブームと言いますが、
ブームは個人事業主が自分の力でコントロール
できることではなく、


メーカーの宣伝広告やパブリシティ等、
あくまで市場の流れに任せることしかできません。


僕のネットショップのブランドも、
一時期、何もしなくても簡単に売れる時期が
ありましたが、今はそうはいきません。


他社ライバルが参入したり、市場が衰退期に入ったりと
そのブランドの人気は、だんだんと低くなってしまったのです。


それでも、そのブランドの根強いファンはいますので、
その人達をキャンペーンやメルマガ等のマーケティング施策で、
いくらか引きとどめることはできていますが、


これが、顧客データを保持することができない
モール系のネットショップの場合は完全にアウトです。


ダイレクトマーケティングの世界的権威である
ダン・ケネディも言っている言葉ですが、


「1という数字は一番危険だ」


1つだけの可能性に頼ることが、ビジネスを行う上で
リスキーだという事を示しています。


アルバイトや仕事探しでも、
「自分が仕事が欲しいから」という理由で
募集を行うところなんてありませんよね。
全ては相手が人材が欲しいと思うタイミング次第です。


そのタイミングに上手く合致する仕事があれば、
2つ、3つ応募をするのが賢明な判断です。


ビジネスの収入源についても
チャンスが2つ以上あるなら、
どちらも同時に行うことは、良い意味でのリスク回避だと
僕は思いますが、あなたはどう思いますか?


PPS.
海外の商品を日本に販売する
ネットショップのビジネスを始めてみたい方へ、
この12週間コースに沿ってショップ運営を行えば、
ゼロの状態から始めるよりも、ずっと確実に早く
結果を出すことができます。

今なら9月18日まで特別オファーのキャンペーンを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php



風の声を聞いて

2016年09月07日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


先週よりキャンペーン特別オファーを行っております
「海外ネットショップオーナー12週間マスターコース」ですが、
早速3名の方が応募をされています。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php


コースは、動画講座だけでなく、
メール、電話によるコンサルティングサービスも
付いているので、1度にお受けできる人数に
限りがあります。


申し込みが一定人数に達した時点で、
募集は終了となりますので、
もし、あなたが申し込みをご検討されている場合は、
なるべく急ぐことをおすすめします。


また、あなたがコースの内容について
申し込みする前に質問したいことがありましたら、
下記のページよりご質問をお寄せください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先日京セラの稲盛和夫さんの本について
メルマガを書いたところ、
共感された方からのメッセージがありました。


「高橋先生のメルマガをいつも「そうだよな!」と感心しながら読
 んでいます。

  今回の記事(稲盛さん)について「我が意を得たり」の気持ちに
 なり初めてメールしたくなりました。」


ありがとうございます。
本日は、もう1人の名経営者の名言について
メルマガを書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「きみ、風の声を聞いても学ぶものがおるわなぁ...」


こちらはあの故・松下幸之助氏の名言です。


学ぶ心があれば、世の中の様々なことから
教えをもらうことができる、そんな内容の言葉です。


これに類似したことわざで、
「学ぶ心あれば師現る」があります。


どちらの言葉も共通して言えるのが、
本や先生から教わる事が全てではなく、
自発的に身近な事から学ぶ姿勢が大事だという事です。


これをよくアンテナを立てておく、とも言いますよね。


例えば僕の場合、街中で見る広告や
キャッチフレーズなど、
自分で広告文を書く時に役立つアイデアを見たら
すぐにiPhoneのメモ帳に記録しておきます。


メルマガのネタも一緒ですね、
毎日書いていると自分の中の経験だけでは、
追いつかない事があります。


だから、なるべく外に出たら、
何か1つでもネタになるような事を
持って帰るようにしています。


あと、よく言われるのが、
毎日、変化のない同じパターンで生活していると
得られるものが少なくなるという事です。


毎日、同じ時刻に家を出て、
同じ時間の電車に乗って、
同じカフェで同じコーヒーを飲み、
同じ人達と仕事をして、同じランチを食べ、
同じ時刻に同じ帰路で家に帰る。


仕事のパターンは変えられないとしても、
それ以外の部分で行動のパターンを変えてみると
感性が刺激されて、違った視点が見えてくると言います。


毎日はやらなくても良いですが、
朝、家を出る時間を変えてみたり、
違うカフェに行って違う飲み物を頼む、
ランチも違うところを探す、
1本前のホームで降りて寄り道して帰る、
など、


やってみると分かりますが、
そこから様々なストーリーを拾ってくることが
できますので、書くことが増えます。


もちろん、メルマガを書く以外にも
創造力を鍛えることでビジネスのアイデアも
浮かびやすくなります。


本や先生から学ぶだけではなく、
こういった身近なところから学ぶ癖を
つけていると、後々役に立つことがありますよ。


PS.
でも、本や先生から学ぶのも大事です。
何かオススメの本はありますか?と聞かれれば、
こちらをよく紹介しています。


セールス・マーケティングに
あまり詳しくない人でも、
楽しく読めて為になる1冊です


シュガーマンのマーケティング30の法則
〜お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは〜


PPS.
海外の商品を日本に販売する
ネットショップのビジネスを始めてみたい方へ、
この12週間コースに沿ってショップ運営を行えば、
ゼロの状態から始めるよりも、ずっと確実に早く
結果を出すことができます。

今なら9月18日まで特別オファーのキャンペーンを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php



成功とは、退屈なもの

2016年09月04日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より

IMG_5457.jpg

昨日オーストラリアは、父の日でした。
僕にとっては、今年の4月に娘のハンナ(写真上)が生まれ、
初めての父の日です。


父の日と言えば、
オーストラリアではホームパーティーをしたり、
レストランに家族で食事に行ったりと、
朝から盛大にお祝いをする一大イベントですが、


僕の場合、やることはいつもと同じ。


朝早く起きて、まずはショップの注文処理を行い、
その日のメルマガを書き、
犬の散歩の後、スポーツジムに行ってトレーニング、
そして日用品の買い物、ショップのお客様への商品発送、と


この午前中のルーチンは、ほぼ毎日同じです。


そして、これらの作業は全て自分一人でできるので、
特に一緒に仕事をする同僚もいません。


同僚がいなければ、上司や社長もいないので、
良い仕事をしても褒められることがありません。


そして、トレンディドラマにあるような
職場での出会いがあったり、
仕事仲間と飲み会に行くこともありません。


つまり、父の日も誕生日も
更にはクリスマスも同じ作業を1人で
黙々と続けていく訳です。


あなたは、この一見して退屈そうに見える
この生活についてどう思いますか?


インターネット起業家の毎日というのは、
あまり人と会う必要がないため、
会社員のそれに比べて、ずっと退屈で
毎日、代わり映えのしないものかもしれません。


それでも、毎日毎日同じことを続ける。
確実に利益を取っていくための作業を
コツコツと続ける。


そういった退屈な作業の積み重ねで
また1人顧客が増え、売り上げが安定していく、


一見して、退屈と思われることを
どれだけコツコツ続けられるか?
そこに成功するための秘密が隠されているとすれば、
成功とは、とても退屈なものかもしれません。


ですが、その代りにあなたが長期的に
得られるものもまた大きい。


朝から満員電車で通勤する必要もなく、
決められた時間に会社に拘束される必要もなく、
子供との時間を犠牲にして、仕事に行く必要もない。


料理や洗濯などの家事だって、
もっとフレキシブルな時間の中で動くことができる。


そんな自由なライフスタイルがあるとすれば、
それは退屈な毎日のルーチンから生まれ、


それを何年も継続するといったちょっとした
自己規律の上に成り立っていると僕は思っています。


あなたが、それを退屈だと感じるか、
エキサイティングだと感じるか、
その人次第ですが、


最終的に自分が得られるものを考えれば、
退屈な作業も楽しくなると思いますが、
あなたはどう思いますか?


P.S.
もっと自由なスタイルで仕事がしたいあなたへ、
こちらの海外ネットショップマスターコースに
長期的にインターネット起業で成功するための
秘訣があるとしたら、興味はありませんか?


9月18日まで、特別オファーを提供しています。
今すぐこちらのお知らせをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php



「ごめん、僕はもう仕事を辞める!」

2016年09月03日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


「ちゃんと次の仕事が見つかってから辞めてよね!」
と妻の一言。


起業したくて、でも何をやったら良いのか
まったくアイデアのない自分を見透かされたのか、
中途半端な「仕事をやめる」決意は一瞬で
却下されてしまいました。


「そうだよな...辞めて収入なくなったら、
結局仕事探すしかないもんな。」


とは思いつつも、この先ずっとホテルの従業員で
いることを考えると嫌で仕方ありませんでした。


今から、およそ3年前の話です。


オーストラリアで外国人として働く自分は、
英語の面でもコミュニケーション能力の面でも、
ローカルの従業員と比べて、ずっと低い立場にいました。


どんなに一生懸命働いても、重要な仕事は、
ほぼローカルの人間に任され、僕のような
英語が中途半端な外国人は、雑用ばかり。


それでも仕事があって、ローカルの人達と
同じ給料がもらえているだけマシと思っていましたが、
本当はもっと重要な立場に立ちたかったのです。


「同僚や上司にもっと頼れる人間として
見てもらいたい。」

「ローカルの人達と対等に見てもらいたい。」


などと思いながら、自分のコミュニケーション能力が
早く伸びることを願いつつ、勤務にあたっていたのですが、、、


困ったことに僕の英語力は、ある時点で
成長が止まってしまったのです。


上手く流暢に話そうと思っても、
言葉がすぐに出てこなかったり、
途切れたり、つっかえたりしながら言葉を伝えたり、


急に話しかけられてもすぐに反応できなかったり、
電話で相手が何を話しているのか理解できなかったり、


そんな状態が1年、2年と
しばらく長い間続いていました。


それでも、最低限のコミュニケーションはでき、
一応、ハードワークな人間だと見られていたので、
解雇になることはありませんでしたが、


次第に、英語やコミュニケーションには、
センスというものがあるのだと感じ、
自分にはそれが不足しているのだと思うようになりました。


正直、落ち込みました。


海外で英語を使って働くのが夢だったのに、
そこからステップアップできないなんて、、、


日本に帰って再就職しようかとも考えましたが、
30過ぎて今さら日本で再出発というのも
海外で負けた人間のようで悔しかったので、
その決断はしませんでした。


そこで出会ったのが「海外ネットショップ」の
オーナー養成コースでした。


海外の商品をネットショップで
日本のユーザーに販売する。


ネットショップは、自分がパソコンに張り付いていなくても
24時間、営業をしてくれる。


これなら今の仕事を辞めなくても、
新しい仕事が始められそうだと直感で
「これだ!」と思いました。


そして、それから3年が経ち、
あの時の自分の決断は間違っていなかったと
思っています。


今では、自分のショップの顧客リストに、
定期的にメルマガを送ることで、
顧客維持と共に安定した売り上げを出すことができ、


完全に自動化されたPPC広告のキャンペーンから
何もしなくても新規顧客が入ってくるようになり、


欲しい時にいつでも利益が引き出せる、
状態を作ることができています。


マーケティングやウェブサイト関連の知識もつき、
新しいビジネスの立ち上げもできるようになりました。


そして、今度は自分がそのスキルを
誰かに教える立場にいます。


僕がこの3年間、副業で海外ネットショップを始めてから、
軌道に乗せるまで、どんな施策を行っていたのか、


その秘密について、3年ではなく、
12週間でマスターする方法を教えています。


もし、あなたが僕のように
海外で従業員としてステップアップすることに
限界を感じている。

今の仕事を続けながら、できる副業を探している。

子育ての合間にできる仕事を探している。


という事であれば、こちらのお知らせは
あなたのライフスタイルを変える上で、
とても重要なものとなるでしょう。

http://fixyourmarketing.net/12.php


P.S.
こちらは先着5名様に特別オファーがあります。
今すぐこちらのお知らせをご覧ください。

http://fixyourmarketing.net/12.php




《 前 1  2 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop