主夫の仕事術 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 2016年4月 > 主夫の仕事術

主夫の仕事術

2016年04月12日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


昨日の赤ちゃん誕生のメルマガを読まれてから、
早速、お祝いのメッセージをくださった方々、
嬉しいメッセージをどうもありがとうございます。


娘の誕生を機に、家庭や仕事に対して、
より責任感のある大人になっていければと思います。
これからもよろしくお願い致します。


さて、赤ちゃんはまだ病院にステイしているものの、
妻は帝王切開の手術からまだ体がリカバーしていないため、
普段よりも家事を多くこなしている毎日です。


朝晩2回の犬の散歩はもちろんの事、
毎日、お昼前に赤ちゃんの様子を見に病院へ行き、
ベビー関連の買い物、グロッサリーショッピングをして、
ホームステイの人達が家で夕食を食べるので、料理は毎日行う。


普段は夫婦分担して家事をしているのですが、
これらを自分1人でこなすとなると
かなり自分の時間が削られることになります。


「何か犠牲にしなければ回らない...」
そう思って、ここ1週間フィットネスジムに行けていません(T T)


そんな中で、いつ仕事をしているのかと言うと、
早朝5:00-7:00と夕食後の20:30~22:30、
この2セッションを仕事の時間にキープするようにしています。


これは今の僕に限ったことではなく、
家事をしながら仕事をされている方は多いと思いますが、
なかなか時間が取れずに苦労している人も多いと思います。


僕のところも夫婦共働きなので、
家事は分担して行っていましたが、
フルタイムの仕事に加えて、空いた時間で
副業となると、なかなか時間が取れないことがよくありました。


そこで1つ、時間がなくても作業量を上げる
僕なりの方法があるのですが、
よかったら参考にしてみてください。


それは、「仕事は仕事、家事は家事でまとめて終わらせることです。」


今、僕は妻の分の家事も引き受けているので、
早朝5:00-7:00と夕食後の20:30~22:30に
2時間ずつ仕事の時間をとっていると先に書きました。


この4時間の間だけは、誰も部屋に入れないようにして、
仕事だけをします。
その代わり7:00-20:30までは、一切仕事はしません。
その時間は、家事や家族の世話をする時間です。


このやり方だと誰かに邪魔されることなく、
必要なことを全て終わらせた上で、家族に感謝されながら
安心して仕事に集中することができます。


これは、マイクロソフトが行った興味深いリサーチですが、
人は電話やメールなどで1分作業が中断されると、
元の集中レベルに戻るのに約22分かかってしまうとの事です。


つまり日中、一番多く邪魔が入りそうな時間帯は
あまり副業や在宅ワークには向いていないといった見方ができますね。


朝に2時間、寝る前に2時間、
誰にも邪魔されない自分の時間を持てるように
夫婦間で相談してみてはいかがでしょうか?


P.S.
僕の第一子誕生記念として、
海外ネットショップ講座の特別オファーを行っています。
今なら29800円を初月980円でお試しできます。


募集人数は10名です。
今すぐこちらのご案内をご覧ください。
http://fixyourmarketing.net/post-8.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop