関税について知らないと... - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 関税について知らないと...

関税について知らないと...

2016年11月25日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


配達員:「高橋様、国際郵便でお荷物です。」


ネットショップで注文した商品が届く瞬間って、
「待ちに待ったこの時が来た!」みたいな、
ワクワク感がありますよね。でも...


配達員:「税関で検査の結果、関税が17000円かかってますね。
お荷物はお支払いと引き換えになります。」


購入した商品はある有名ブランドの毛皮のバッグ、
商品の購入価格は10万円。


「国内で買うよりも安いから、
海外のショップで買ったのに、
こんなに関税がかかるなんて有り得ない!」
とお客様は憤慨します。


これは、僕が経験した話ではないのですが、
よくある個人輸入のトラブルの1つです。


ショップが関税についてお客様に知らせていない場合、
お客様は得てして無知なため、
「そんなの聞いてない!」とクレームをします。


またはひどい場合はネット上に
ショップの対応について中傷的な記事を書きます。


こういったネガティブな情報は、
少なからずあなたのショップの評判に
ダメージを与える可能性がありますので、
注意が必要です。


では、どうすれば良いか?
それは単純に関税がかかる可能性について、
あらかじめお客様に知らせることです。


できれば、課税対象となる可能性があることを
商品説明欄の下の方に「関税について」と
注意書きをしておきます。


でも、そんな事を書いたらお客様の購買意欲が
下がってしまうのでは?と心配されるかもしれません。


でも、あなたが逆にお客様の立場だったらどうでしょうか?


関税について何も知らされないまま、
配達時に17000円請求されたら誰だって
憤慨すると思いますよね。


「せっかく信頼して買ったのに!」
「もう2度とあのショップからは買わない!」


こうなってしまうと、リピート販売どころではなく、
「ぼったくりショップ」のレッテルを貼られてしまい、
それを知った他の見込み客もあなたのショップからは、
一切購入しなくなります。


「少し高くてもいいから、安心できる買い物がしたい」


意外なことでもないですが、
お客様の購入心理には、「お得に購入したい」以上に、
「安心して購入したい」の方が強く働きます。


そして、安さよりも安心を優先するお客様は、
優良なお客様である可能性が高く、
この先、あなたを信頼して継続購入してくれる
ロイヤルカスタマーとなる可能性があります。


逆に、なんでも安さだけを優先する人には、
そのような忠誠的な面はありません。


いつでも最安値で買うことしか考えない
バーゲンハンターが多く、
こういった人達の中には、クレーマーも多くいます。


関税の話から少しそれましたが、
商品が高額になればなるほど、
ショップの信頼性というのは大事になってきます。


ネットで海外から数万円の買い物をする場合、
失敗できない買い物ですので、
個人輸入について、しっかり調べている人も多いですし、
一度、問い合わせの対応を見てから
購入を決める人も多くいます。


もし、あなたが高額商品を扱うなら、
関税のことなど、お客様を事前に教えてあげることは、
それをやっていないショップと比べて、
信頼度は高くなると思いますが、
あなたはどう思いますか?


PS.
10万円の毛皮のバッグにかかる関税は20%です。
具体的な関税計算方法は省きますが、
この場合、関税+消費税+通関手数料の3つの合計が
17000円となります。


PPS.
国際配送や関税について知っておくことは、
海外ネットショップオーナーの基本です。
こちらのコースで実践に役立つ知識を得ることができます。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/kaigainetshop-12weeks-course.php




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop