80対20の法則 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 80対20の法則

80対20の法則

2016年05月26日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


あなたはパレートの法則というものを
聞いたことがありますでしょうか?


北海道大学の教授が行った研究で、
働くアリと働かないアリの観察記録があります。


巣にせっせと食料を運ぶ働きアリの中でも
2割はよく働き、6割は普通に働き、2割は怠けているそうです。


では、そのよく働く2割だけを集めて、
グループを作った場合、これもまた同じように
2割だけが良く働き、6割は普通、2割は怠けるといった
構図になるようです。


これは、人間の世界においても
学校のクラスや会社の部署内にて、
できる2割、普通の6割、できない2割の配分に
自然と分かれていくのだそうです。


どんなに似たような人達を集めたとしても、
結局、できる2割とその他の8割に自然と分かれることから、
80対20の法則(パレートの法則)と呼ばれています。


この80対20の法則ですが、
ビジネスの場面でもよく見られるもので、
以下のようなケースで多く起こるようです。


・全体の売上の8割は、2割の顧客から生み出される。
・全体の売上の8割は、2割の商品群から生み出される。


これは、ネットショップにおいての
新規客とリピート客の売上貢献度にも表れます。


僕のショップも例外ではなく、売上の8割は、
以前購入したことのある2割のリピーターから出ていて、
新規客の売上は、全体の2割程度からといったところです。


このことを理解しておくと、
新規とリピーター、どちらにより注力して集客を
行えば良いか、一目瞭然ですね。


常に新規客ばかりに頼っていて、
リピーター客をおざなりにすると、売上は安定していきません。


逆にリピーター客にメルマガ等で常に
お得な情報や、商品に関するお役立ち情報などを
配信して、関係構築を行っているショップは、
確実に安定して売上が出せています。


これは販売する商品にもよりますが、
リピート性のない商品を扱っているショップは、
なるべく関連商品をオススメして販売するなど、
リピート購入を意識した施策を行うと売上が安定しやすくなります。


また、リピーター施策を行う上で、
絶対に欠かせないのが独自ショップを持つことです。


モール系ショップでリピート購入してもらった場合、
その都度、販売手数料を取られますので、
利益が多く残る独自ショップの方が圧倒的に有利になります。


この独自ショップの作成とリピーター施策が、
売上を安定させるのに欠かせない要素なのですが、
あなたのショップにおいても、しっかりと対策を行うと良いですよ。


P.S.
独自ショップやリピーター施策で
「何をしたら良いかわからない...」とお悩みなら、
一度、こちらのコースを受けてみることをお勧めします。

明日28日まで、特別価格にてお申し込みできます。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-8.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop