【写真あり】変化を受け入れる - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 【写真あり】変化を受け入れる

【写真あり】変化を受け入れる

2016年06月11日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より

IMG_0920.JPG

最近、娘のハンナにTummy timeという
運動をさせています。(上の写真)


Tummy timeとは直訳で「お腹の時間」。
新生児の赤ちゃんがうつ伏せになる、
つまり、お腹を地につける体勢からTummy timeと言われます。


これをやる事で、あお向けで寝てるだけでは身につかない、
首、腕、肩などの上半身の筋肉が鍛えられ、
さらには赤ちゃんの脳の発達にも良いそうです。


市役所のHealth Unitの担当の人から、
「毎日10分はやってください」と言われ、
最初はそんな事させて大丈夫かなと心配でしたが、


実際にさせてみると、ひじと足をその場で動かして
一生懸命前に進もうとしているのか、
もっと楽な体勢を探そうとしているのか、
それとも何か新しいチャレンジを与えられたのを理解したのか、


いつもと違う体勢に娘は戸惑う事なく、
変化を進んで受け入れていたように見えました。


とは言っても、5分後にはもう飽きたのか、
大泣きされてやめましたが...^^;


さて、この「変化を受け入れる」という性質は、
生まれたばかりの赤ちゃんには当たり前の事でも、
僕達、大人にはなかなかできない事のようです。


それは、習慣だったり、マナーだったり、
口癖だったり、仕事のやり方だったり、


僕たちは基本、何十年もやってきた同じことを
いきなり変えるのは難しいという事です。


また変化には、痛みが伴うともよく言われるように
精神的なストレスが多くかかり、
それを跳ね除けてまで、変化したいという人は
あまり多くはいないようです。


だから、大人になった人が変化をする場合は、
「少しづつ」、「無理なく」変化をして、
目標地点にたどり着くのが良いと言われています。


例えば朝、ジョギングをするのも、
2km走るのに15分かかったとしても、
3ヶ月継続して続けて、10分で走れるようになれば、
これは大きな変化だと思います。


毎日、本を読むのも最初は15分から初めて、
慣れてきたら30分,45分と量を増やしていくのが、
無理のない習慣のつけ方です。


これをネットショップの副業に当てはめると、
最初は、利益0の状態でショップ運営を始めてみます。


そして、お客様の声など実績と共に少しづつ
売りやすい環境を作り上げ、
次第に月に3万円、5万円の利益ができ始めます。


さらに半年後には、月10万円の利益を継続して
出せ流ようになり、ここで得た経験と資金を元に
次のビジネスへ着手することもできます。


またこれは、以前のメルマガでも書きましたが、
僕はビジネスをするのに今の仕事を辞めたり、
全財産を賭けて行う必要はないと思います。


まずは、空いた時間で低い予算から、
売れる可能性を探し、ビジネスが伸びそうであれば、
そこで初めて資金を追加していく、


そして、仕事をする場所も時間も束縛されない、
自由な環境でビジネスを運営していく、


そうやって少しづつ、無理なくショップ運営を
進めていっても、十分結果を出すことができます。


ただ1つ大事なのは、
それを正しいやり方で行うということです。


テニスが上手くなりたければ、
テニスの上手い人に教わるのが、
一番上達するやり方なのと同じで、


海外ネットショップに置いても、海外在住で
実際に結果を出した人から教わるのが、
一番確実に成功する方法だと思います。


さて、昨日ご案内させていただきました
海外ネットショップコースの講座一括67%割引ですが、
今回3名募集のところ、早速1名申し込みがあったので、
現在、残り2名の募集となっております。


もし、あなたが今すぐ大きな変化は起こせなくても、
1ヶ月後、3ヶ月後、半年後と少しづつでも
経済的な変化をしていきたいのなら、


その初めの一歩を今日踏み出すことで、
1日でも早く目標に辿り着くことができますが、
必要なのはそのスタートを切る決心です。


今すぐ下のご案内ページにアクセスして、
あなたが残り募集2名の1人になることを願っています。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-9.php


PS.
ドッグイヤーという言葉を聞いたことがありますか?
変化の激しいネット系ビジネスの世界では、
1年が従来の7倍の速さで変化していくことから、
犬が人間の7倍の速さで年をとることを例えて、そう言われます。


それが近年、18年分のスピードで変化をするように
なったことからマウスイヤーと呼ばれるようになりました。


マウスイヤーの世界の中で、結果を出すためには、
まず行動を始めることが大前提ですが、
時代の流れに左右されない、確実なビジネスモデルを選ぶことも大事です。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/post-9.php



お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事




PageTop