バイマと価格競争しない - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > バイマと価格競争しない

バイマと価格競争しない

2016年06月15日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


海外の商品を日本へ販売する人、増えてますね。


有名ブランドのバッグ、財布などを現地調達して、
日本で販売すると利益が生まれることが多いです。
その価格差を利用して、個人でもビジネスを行うことができるのですね。


その代表的なサイトとして、Buymaがありますよね。


ご存知の方も多いと思いますが、バイマは海外在住の
個人バイヤーが仕入れた商品を日本のユーザーへ
販売するための取引サイトで、


要は、日本にいる消費者が海外の個人から買い物できる
格安ブランド品販売サイトのようなものです。


僕がネットショップで扱っている商品も
バイマで取引がされている商品で、
正直なところ僕のサイトより、結構安く売られていたりします。


僕はその商品を安く仕入れるための
知識は持っているので、


「そんな価格で利益なんて出ないんじゃないの?」と
ツッコミたくなる時もあるのですが、、、


バイヤー側はあくまで素人、お小遣い稼ぎ程度になれば
それでOKという人がほとんどだそうです。


しかもバイヤーは、販売時にバイマから販売手数料も取られるので、
さらに利益が減りますね。


バイマのユーザー(お客様側)は、販売する人が素人であろうと
自分が欲しいものを最安値で提供しているなら、
それでハッピーなのかもしれませんが、


僕達、ビジネスでネットショップを運営する人間は、
こういったチェリーピッカーを相手にしません。


同じ商品を欲しい人でも、価格だけでなく
もっとサイトの信頼性や
店長の接客姿勢などを重視する、
質の良いお客様も多くいます。


そういった人たちに「なぜ高いのか?」の部分を
納得させれば、他店より価格が高くても
買ってくれることがわかっているからです。


そして、一度購入して満足すれば、
次回もあなたから継続して買ってくれる可能性が
高くなります。


そういったお客様が増えれば、あとは定期的に
メルマガ等でフォローアップしていけば、
あなたのリストから外れることはありません。


逆に上に挙げたショッピングサイトのような
素人同士が最安値を競って争う市場は、
利益も低いですし、顧客の質も、リピート性も
低いことが多いです。


独自ショップが作れるのであれば、
そちらで販売していく方が将来性の上で、
圧倒的に強いですし、ショップのカラーも出していけるので、
自分に合った良いお客様がより多く集まってくれます。


そのためにも、まず心に刻んでおかなければいけない
重要な教訓が1つ、
「バ●マと価格競争はしない」です。


どんなに安さを売りにしてきても、
どんなに簡単に売れていそうでも、
集客面で魅力的に見えたとしても、


「自分の売り」を追求するあなたのサイトの
ファンになってくれる人は、あなたが思うよりも多く存在します。


そこには、価格勝負を超えた「顧客の信頼」が発生し、
それを勝ち取ったショップオーナーだけが、
高い利益でお客様に感謝されながら、販売をすることができるのです。


さて、あなたは海外ネットショップを運営する上で、
安さだけしか見ないチェリピッカーと
信頼性を重視する質の良いお客様の
どちらを相手にするのが良いと思いますか?


PS.
海外の商品を日本に販売する
ネットショップのビジネスを始めてみたい方へ、
この12週間コースに沿ってショップ運営を行えば、
ゼロの状態から始めるよりも、ずっと確実に早く
結果を出すことができます。
(応募締切:11月30日)


詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/12.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop