生き方 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 生き方

生き方

2017年02月17日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
茅ヶ崎に向かう電車の中で


ぼったくり保育の異名で知られる
オーストラリアのデイケア(保育園費)は月10万円...


僕たち夫婦は、そろそろ1歳になる娘のハンナを
デイケアに預けようか、と言っているのですが、
調べてみたらそれは法外な額でした。


これは、地域によっても違いますが、
僕が住んでいるところは、1日につきおよそ60ドルの
保育費を取られるので、週5日預けたら300ドル、
月にすれば4週間で1200ドル、、、


日本の保育園は、親の所得によって違うようですが、
だいたい月3万円程度、
対してオーストラリアは10万円、、、


10万円払って得られるサービスの質も
期待できないレベルだと思うので、
結局、今日本にいる僕が市役所に聞きに行くことに。


もしかしたら、ハンナの幼少期を日本で過ごすために
近々、日本に拠点を移すことになりそうです。
さて、、、


今日は、久しぶりに昔読んだ本を
読み返しました。
稲盛和夫氏の「生き方」です。


稲盛さんと言えば、京セラの創立者として、
パナソニックの松下幸之助氏と並んで、
世界的に有名な名経営者ですね。


その稲盛さんがある製造メーカーを退社した後、
27歳で経営者になり、経営の知識・経験ゼロ、
右も左もわからない状態で会社経営を始め、


どのような姿勢で経営に望めば良いのかも、
まったく分からなかったとあります。


でも、彼は手探りの状態ながら、
これだけは確かだろうというものを
理念として持ち続けることで、成功をつかむことができたと
話しています。それは、、、


「人として正しいことをする」ことと
「原理・原則に基づいたことをする」です。


どちらの意味もお互い関連しているように
見えますが、もう少し掘り下げていくと、


「会社経営を通して、人や社会のために
なるようなことを優先して考える」
といったニュアンスだったと思います。


そこで、1つ分かりやすい例として
出されていたのが、日本のバブル崩壊前です。


多くの企業が土地の大幅な値上がりを期待し、
銀行から多額の融資を得て、不動産投資に
お金をつぎ込んでいたとあります。


その頃、すでに大手企業となっていた
京セラの稲盛氏にも同じような儲け話が
やってきました。


「今、不動産に投資をすると近い将来、
多額のリターンが得られますよ。」


しかし、稲盛氏にはどうもピンとこなかったようです。


「土地を右から左へと移すだけで、
簡単にお金を儲けられるなんて、そんな上手い話がある訳ない。
会社が利益を得られるのは、社会貢献できてこそであって、
楽して何もせずに手に入るものではないはずだ。」


結果、バブルは崩壊し不動産は下落。


多くの企業が多額の不良債権を抱えることになった
ということです。


その結果が、稲盛氏には何となく見えていたようです。
「原理原則に反したやり方や
人のためにならないやり方は、長期的に成功しない」と、


逆に彼は、将来人の役に立つと信じたことには、
全身全霊をかけて、仕事に臨んだと言っています。


それが、セラミックスの技術だけにとどまらず、
KDDIの設立から電子通信事業の発展に大きく貢献し、
携帯電話を子供からお年寄りまで、全員が持つ時代を
切り開いたとされています。


さて、
僕やあなたが行っているビジネスはどうでしょうか?


もちろん京セラと比べるようなスケールでは、
ないと思いますが、
この「人のためになる事を優先して考える」と言った
理念だけは、同じように当てはまると思います。


近年では、理念なんか持たなくても
お金を稼ぐことができるという風潮がありますが、


誰だってビジネスをやるなら人に感謝されて、
気持ちよくお金を受け取りたいですよね。
それは、あなたも一緒だと思います。


「原理原則」や「人のためにを優先」というのは、
堅苦しい言葉かもしれませんが、
長期的に成功するために欠かせない要素かもしれません。


ふと自分のビジネスはどうだろうか?と
見直してみると共に、あなたにもシェアさせて
いただきました。


PS.
あなたからのメルマガの感想をお待ちしています。
ご意見・ご提案などありましたら、ぜひこちらから
ご投稿ください。
https://55auto.biz/smartventure/touroku/entryform8.htm


PPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php




お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事


PageTop