誰でもOKしない - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 誰でもOKしない

誰でもOKしない

2016年09月28日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
茨城県、筑波山の山中より

IMG_1146.JPG

入湯料1100円。


僕は今、茨城県に両親と
立ち寄り温泉に来ています。


今回の帰省では、妻と子供をオーストラリアに
置いてきていることもあり、
特に国内旅行の予定もなく、


それでも、せっかく日本に帰ってきのだから、
温泉ぐらいは行っておきたいと思い、
日帰りで温泉に来ているのですが、


ネットで見つけたきれいな温泉施設は
全てホテルや旅館の宿泊客だけの利用で、
日帰り客が利用できるのは限られた場所だけ、


まあそれでも露天風呂があればいいかと
この立ち寄り温泉施設に来てみたのですが、


着いた瞬間から雨が降ってきたこともあり、
入る前の楽しみは半減、
せっかくの山の景色も霧でほとんどが
隠れてしまいました(TT)


そして肝心のお風呂ですが、
正直、銭湯の方が良かったのでは...
と思うような狭さで、


外の露天風呂も山下を望むような景色は
全くなく、目の前には何の迫力もない林があるだけ。


しかも、極めつけには、
隣でシャワーを浴びていた
金ネックレスのガラの悪そうなオジさんが
クレイジーなことに水シャワーを浴びていて、
冷たい水しぶきがたくさん僕の方に飛んできます。


「こいつ、周りの迷惑全然考えとらんな...」
と思いつつも、少し距離を置いてシャワーを浴びることに(ー ー;)


「まあ、立ち寄り温泉なんてこんなものか」
と思いつつ、来年は絶対に宿泊で良い所に
来てやろうと思いました。


良いサービスは、誰でも利用できるわけではない。


「自慢の豪華露店風呂、一般のお客様にも解放」
なんて事をやったら、宿泊客は良く思わないですね。
せっかくの温泉の価値が半減してしまいます。


逆に客室内にプライベートで入れる
温泉があったとしたらすごく価値は高まります。


松竹梅の法則で、
サービスの質を何段階かに分けるのは
よくあるやり方ですが、


一番価値が低いのは、いつでも誰でも
申し込めると言うもの。


そうではなく、予約しないと申込めないもの
一定期間しか申込めないもの、
限られたお客様しか申し込めないもの、


こういったものにお客さんは
より高い価値を感じお金を惜しまずに
出すようになります。


女性も誘えばすぐに来てくれる人より、
誰でもOKしない人からOKをもらえば、
その嬉しさもダンゼン違いますよね(笑)


とは言ってもビジネスの場合は、
より間口を広げるために
より多くの人に購入のチャンスを与えるのも
新規獲得といった意味では重要ですが、


あなたの提供するサービスの
「梅」はいつでも誰でも申し込めても、
「竹」「松」は条件つきの限定サービスにすると
一部の人は、よりそのサービスが気になるようになり、
より高い価値を感じるようになります。


例えば、教育系のビジネスを提供しているなら、
これは、すごく役に立つアイデアなのですが、


「初級」「中級」「上級」と段階を踏んで
より高いサービスに申し込めるようにしたり、
いきなりは申し込めない「認定資格コース」等を
用意します。


すると一定の人は、その与えられた制限に対して
全部制覇してやろうとより購買意欲が上がり、
より質の高いお客様の申し込みが増えることになります。


他にも、飲食店でも最近増えているのが、
会員制のお店だったり、紹介でしか入れないお店、


こういった所に入れると言う事が、
何か特別感を感じさせてくれますよね。
その結果、より高いお金を払っても
その価値を感じてくれるようになります。


ネットショップを含む小売業なんかは、
ちょっとやりづらいところですが、


僕の場合は、リピーター限定のセールや
お得な定期購入を限定的に案内して、
リピーターのお客様により特別感を
感じてもらうようにしています。


一般の人は申し込めないもの、
一部のお客さんに特別感を感じさせるもの、


あなたのビジネスでも
そういった特別なサービスがあると
より質の高いお客様が多く集まると思いますが、
あなたはどう思いますか?


PS.
明日、メルマガ限定の特別なご案内があります。


PPS.
海外ネットショップマスターコースの募集は、
しばらくお休みさせていただきますが、
何か質問などあれば、お気軽にお寄せください。
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop