メルマガ8割、セールス2割の法則 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > メルマガ8割、セールス2割の法則

メルマガ8割、セールス2割の法則

2016年10月26日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


僕が先日書いたメルマガ
「ブログとメルマガの違いとは?」の続編として、
今日は、「メルマガ8割、セールス2割」の
法則についてお話したいと思います。


(「ブログとメルマガの違いとは?」を読んでいない方はこちら)
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/page/cat66/274.php


8割聞いて、2割話す。
8割の売上は、2割の優良顧客からのように
「80対20の法則」をあなたも聞いたことが
あると思います。


人間関係や対面販売でも、
よく例として用いられるものですね。


相手に8割を話させ、
2割は相づちを打つか、相手の言葉を繰り返すだけ、


それだけで話している側は、気分が良くなり、
ラポールを築きやすくなると言います。


または、他にも全体の8割は相手に関係する
話をして、自分のことは2割に抑えておく。


人間、誰しも自分のことに関心を持ってもらえたら、
嬉しいものですよね。


熟練の営業マンが対面販売で、
顧客との心理的距離を縮めるために
こういったテクニックを利用すると
聞いたことがありますが、


これは、インターネットを通しての販売に
当てはめてみるとどうでしょうか?


ネットの向こう側の見込み客は、
当然顔も見えませんし、
会話をすることもできません。


なので、対面販売と違って、
相手がどんな人なのか分かりませんし、
情報を引き出すこともできません。


8割聞いて、2割話すのセールステクニックは、
ネットでは全く役に立たない訳です。


それでは、インターネットではどうすれば、
見込み客との心理的距離を縮めることができるのか?


これには8割は与えて、2割で売るのが一番です。


要は全体の8割の仕事は、何か価値を与えること。


メルマガを書いたり、無料レポートを書いたり、
何か相手が知りたい情報を無料で与えること、
こういった活動にフォーカスします。


そして、残りの2割でセールス活動をする。


インターネットで言うセールス活動とは、
広告やDMなどから来た見込み客に
商品の宣伝分を見てもらって、
セールスページの「購入ボタン」を押してもらうことです。


実際のところ、ここに費やす時間と労力は、
無料で与える活動に比べて、
かなり小さなものになるべきです。


メルマガは毎日出しても、嫌がられませんが
セールスレターを毎日出したら、ウンザリされます。


でも、不思議なことに楽天やDeNA等の
大手ショッピングモール系のニュースレターに登録すると
そのほとんどが「売り込み系」のセールスしか来ません。


日用品を安く買うといった目的でないなら、
即効で解除したくなります。


でも、あなたが取るべき戦略はそうではなく、
ネット上の見込み客といかにして、
信頼関係を築くかですよね。


であれば、セールス中心にするのはやめて、
その分、相手に価値を無料で与える活動に
注力してみたらどうでしょうか?


長い目で見て結果が違ってくるはずです。


PS.
インターネットで見込み客と信頼関係を築く、
一番有効な方法は、メルマガです。


そのメルマガを上手く書けるようになりたい、
あなたがそう思うなら、下記のアンケートに
ご協力いただけないでしょうか?


お答えいただいた方に、現在作成中のレポート、
「SmartVenture流:ブランディングメルマガ術」を
プレゼント致します。

(今すぐアンケートに答える)
↓↓↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdcwaSR5pq3nyQyhgDTCRxqLCSjcjGCPdVXiY1z6Qkxr-kHbQ/viewform



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop