メルマガは、良いものを書こうとしないこと - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > メルマガは、良いものを書こうとしないこと

メルマガは、良いものを書こうとしないこと

2016年11月02日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
Melbourneの自宅より


あなたの元にも届いたと思いますが、
先日、メールにてお伝えしました新コース
「リストマーケティングコース(現在コンテンツ製作中)」
についての事前アンケートを行いました。

list_marketing_course_survey.png
(最多数は、メルマガの書き方、64.7%)


回答してくれた方へのお礼として、
もっとメルマガが簡単に書けるようになるための
レポートをメールにてお送りさせていただきました。
ご協力、どうもありがとうございました。


さて、アンケート結果を見てみると、
どうやら見込み客と関係を作るための
メルマガの書き方とリストの集め方について
知りたい方が多くいるようなので、


今日はメルマガを書くときのポイントについて、
ちょっとしたコツをお話ししたいと思います。


メルマガとは、本来自由に思ったままを
書けば良いと思いますが、
1つ含めなければいけないのが、
相手に何かしらの「価値」を伝えようとすること。


正確に言うと、見てる相手に価値を伝えるための
姿勢を見せること。
これがないメルマガは、個人の日記と一緒です。


それは、知識だったり、
生活を良くするコツだったり、
あなた独自の視点や価値観だったり、
心の暖まるストーリーだったり、
励ましの言葉だったりと色々ありますが、


読んだ相手があなたのメルマガから
何かしらの「価値」を感じれば、
続けて購読しようと思ってくれます。


さらに言えば、メルマガで読者に
価値を与え続けることによって、
相手との関係ができ、セールスの成功率もアップします。


そう聞くと、ちょっとプレッシャーに感じるかもしれません。


「メルマガには、価値がないといけないんだ、
なんか難しそう...」と思いませんか?
でも、、、


ここで重要なのが、先に書いた
あくまで「価値を伝えるための姿勢を見せること」、


「私は、このメールがあなたにとって
価値があるかわからないけれど、
良いものを伝えようと頑張っています。」
といった思いが相手に伝わったらどうでしょうか?


少なくとも僕はそうですが、
「この人、なんか応援したいな。
もう少し購読して話を聞いてみようか。」という
気持ちになると思います。


もちろん、毎回価値のあるメルマガが書ければ、
それに越したことはないのですが、


もう1年以上日刊メルマガを書いている僕でも、
毎日「書くこと、何にしよう?」と悩みます。


そんな時、いつも心の中で思うのが、
良いものを書こうとしない、という事です。


相手が価値を感じるか、感じないかは、
人それぞれであって、
その時の相手の心理状況によっても変わります。


そして、何よりも(こう言うのも悲しいですが..)
あなたのリストの半分以上は、メルマガをちゃんと
読んでいません。


なので、できるだけ気楽にいきましょう。
10回に1回、本当に良いものが書ければいいや、
ぐらいの気持ちで臨むのが、理想だと僕は思います。


SEOに代表される現代のマーケティングにおいては、
「量より質」がより求められているようですが、


ことメルマガにおいては、質より量だと
僕は思っています。
要はたくさん書いた人が一番レベルアップします。


あなたが、僕のようにリストを集めて、
メルマガで関係構築をするビジネスを
始めてみたいなら、ぜひ参考にしてみてください。


PS.
ハロウィーン(もう過ぎましたが)限定オファーの
こちらのご案内は、本日で終了です。


もし、あなたがウェブサイトを持っていて、
検索エンジンからの価値のあるアクセスを増やし、
売上を上げたいなら、このスキルは必須です。


本日まで、54.8%割引で特別受講できます。
↓↓↓
(今すぐ詳細を確認する)
http://fixyourmarketing.net/ppcdrm-halloween.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop