ポイントは「他社よりもちょっと良いことをするだけ」 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > ポイントは「他社よりもちょっと良いことをするだけ」

ポイントは「他社よりもちょっと良いことをするだけ」

2016年12月09日

_hirokitakahashi.jpg


あなたが新規ビジネスを始める上で、
何かアドバイスをくださいと言われたら、
2つポイントを挙げると思います。


1つは、すでに誰かが初めて上手くいっているのと
同じビジネスをする事。


あなたが初めてビジネスを立ち上げるのであれば、
ここがとても重要で、すでに需要のあるものに対して、
アプローチをする事です。


ネットショップなどの物販で言えば、
流通が存在するもの、
例えばBuyma等のモールで売買がされているか、
ここを見る必要があります。


誰も手を出していないような市場よりも、
すでに誰かが開拓してくれた市場の方が
上手くいく可能性が高いという事です。


さて、もう1つのポイントですが、
その市場の中で、
自分がどう差別化できるかを見つける事。


独自の売り=USPとも言われたりしますが、
この需要のある市場において、
「いかに他社と違う事ができるか」が鍵になってきます。


同じ商品を扱っているショップ同士が、
同じ値段を出していたとしたら、
実績の多いショップをお客は選びます。


なので、もしあなたが後発のショップだとしたら、
少し違う戦略を取らなければいけません。


多くのショップでは、値引きによって、
より多くのお客を得ようとしますが、
利益も少なくなることあら、これには限界があります。


どうすれば、先発の競合ショップから
お客を取ることができるか?
そのポイントは、「他社よりもちょっと良いことをするだけ」
にあると僕は考えます。


例えば、商品やサービスの情報について
より詳細な記事を書いたり、
それをレポートにしてプレゼントするのも有りです。


他社がメルマガを月に1回送っているなら、
こちらは週に1回送ったり、
印刷のニュースレターを送るのも手です。


また、他社が「お試し価格」を提供していないなら、
これをやることも差別化になりますし、
月替わりで購入者にプレゼントを提供することもできます。


ソーシャルメディアに力を入れていなければ、
ここに注力するのも良い方法です。


先行者利益を得ている他社と
全く同じことをしていては、まず選んでもらえません。


そこで、他社がやっていない事で、
他社よりも「ちょっと良いこと」ができるとしたら、それは何か?


ここをポイントに施策を考えて実践すると
より良い結果が生まれると思いますよ。


PS.
特別レポートの提供は12月14日まで!
ダイレクトレスポンスマーケティングのアイデアを使って、
もっと効果的に利益を出したい方へ、
こちらのレポートがきっとあなたの役に立つはずです。

(詳細はこちら)
↓↓↓
http://fixyourmarketing.net/drmreport-sales.php



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop