道具を持たない整備士のお話 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 道具を持たない整備士のお話

道具を持たない整備士のお話

2016年12月21日

_hirokitakahashi.jpg

あなたはちょうど、車のオイル交換のために
整備士のところへ来たところです。


その整備士は、シンプルなオイル交換を行うためには、
丸1日かかるとあなたに告げました。


ガレージの辺りを見回してみると、
他にお客さんはいないようです。
20分そこらで終わる仕事のはずなのに、
他にお客さんがいないのに何故、
丸1日もかかるのだろう...と不思議に思ったその時です。


あなたは、他の事にも気が付きました。


ガレージの中はほとんど空っぽ、
整備に必要な道具は全く置いてありません。


コンピューター診断機のような電子機械はおろか、
ペンチやドライバーのような簡単な工具すら置いていないのです。


あなたは整備士の方へと振り返り、
眉毛を上げながら、いぶかしげに聞いてみました。


「道具は置いていないのですか?」


すると彼は首を横に振りながら答えました。


「ないです。私には必要ありません。」


「でも、道具があった方が楽なのでは?」


「そうかもしれませんね。
でも1日の終わりには、仕事は同じように
終わらせるのだからいいじゃないですか。」


もし、あなたがこの整備士のように
何も道具を持っていないところへ、
車を持って行ったとしたら...


そして単純な20分で終わるオイル交換のために
丸1日かかると言われたら...、
まず他を探しますよね。


なぜこの整備士は、頑固者で
こんな簡単な道具を使うことすら
受け入れないのでしょうか?


正しい道具を使えば
もっと仕事の効率は上がるというのに...


あなたや私がこの話を聞いて、
「こんな馬鹿げた話は現実にはないだろう」と思いますし、
道具を持っていない整備士に
仕事をお願いすることも決してないと思うでしょう。


同じように配管工、大工、
さらには清掃員でさえも、
仕事をするための正しい道具を持っています。


その方が早く、正確に、簡単に
仕事ができるのですから当然ですね。


しかしながら、現実にも多くの職業人の
人達が正しい道具を持たずに仕事をしていないでしょうか?


それはもしかしたら、ネットショップで
オンライン販売をしている
"あなた"がそうかもしれません。


ネットショップの施策には、
商品の選び方、売り方、アクセスの集め方、
サイトの改善、顧客との関係構築、リピーター施策など、
様々なことを行う必要があるのですが、


正しいやり方を知らずに行ってしまうと、
通常20分でできる仕事が丸1日かかるような
効率の悪さになってしまうということです。


さらに悪いことには、
その方法で得られる結果は、
あなたが思うよりもずっと低いということです。


ここまで話せば、
僕が言いたいことはお分かりですよね?


時にあなたは、パソコンの空白のスクリーンを眺めては、
「どうやったらもっと売れるのだろう...」
と思い悩んでは、何時間もネット上で情報を検索し
「ああでもない、こうでもない」と
いつまでも正しい方向性を見出せないでいます。


それでもアイデアを出そうとしますが、
あなたのアイデアの泉は石から水を絞り出すように
枯渇していて、何も出てこないといった状態に
だんだんと嫌気が刺してきます。


フラストレーションも溜まりますし、
多くの時間を無駄にしてしまい、
結果を出せない自分が情けなく思えてきます。


そして「ネット販売でぜったいに成功する!」といった
当初のモチベーションは、どこかに行ってしまい、
結局これ以上何もせずに終了。
元の生活に戻ってしまうといったパターンです。


これは、僕も含め独自のやり方で
海外ネットショップにチャレンジした
多くの人達が経験したことです。


しかし、このメールを読んでいるあなたには、
そういった悪循環に悩むことなく、
もっと効率的に売上を上げるための方法を
知るチャンスが与えられています。


その方法について知りたい方は、
12月26日から再募集を開始する
「海外ネットショップオーナー12週間養成コース」を
受講してみてください。


やる気のあるショップオーナーが
このコースの内容に沿って行動すれば、
確実に結果を出すことができます。


詳細ですが、後日追ってお送りします。




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop