失敗できない場面 - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー > 失敗できない場面

失敗できない場面

2015年11月20日

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
足摺岬のホテルより


「9回表でまさかの4失点、逆転負け」


昨日の世界野球の日韓戦、残念でしたね。


僕は普段、オーストラリアに住んでおり、
日本にいた時から、
プロ野球はほとんど見ないのですが、


こういった国際大会で日本が勝つと
誇らしい気持ちになりますし、
やはり嬉しいですよね。


さて、野球においては日本は
かなりの先進国で、世界ランク1位
だということを知りました。


対する韓国は8位。
アジアの競合で、日本のプロ野球で
活躍する選手も多くいるようです。


予選の段階では、日本はすでに1度
韓国に勝利しており、その他
メキシコ、ドミニカ、アメリカ、
ベネズエラ、プエルトリコと
すべて全勝で上がってきており、


しかも2度目の韓国戦(準決勝)は、
ホームの東京ドーム。
正に神風が吹くような勢いがありました。


試合では、日本が8回裏まで3-0と
リードして、この調子でいけば、
9回で韓国打線を抑えて勝利、
だったはずですが、
最後の9回表で痛恨の4失点、、、


野球の3点差は決して油断できませんが、
誰もこのようなサヨナラ負けは予想して
いなかったはずです。


日本側はノーアウト満塁になってから、
ピッチャー交代が2回もありましたが、
あの場面で代役を任される
ピッチャーはもの凄いプレッシャーですね。


一瞬の判断の間違いが、
大きなマイナスを呼ぶ場面、
確実に失敗はできないところです。


さて、確実に失敗できないといえば、
起業でビジネスを始める人も同様ですね。


レストランなど、初期投資に
最低1000万円は必要なビジネスの場合、
絶対失敗できないと思って取り掛かります。


そして、その失敗は自分には来ない
だろうと思いながら事業を開始する。


そして、皮肉にも90%が5年以内に
倒産すると言われています。
これは、日本でもオーストラリアでも一緒です。


ビジネスで失敗は免れない。


ユニクロ柳井社長の本にもある通り、
事業経営は良くて1勝9敗と
言われますが、これは本当だと思います。


新しい商品、新しいキャンペーンも
1勝9敗、10回やって1回成功すれば
良い方かもしれません。


その1回の成功のために
9回の失敗を通過すると思えば、
失敗を恐れずに行動する勇気は大事です。


でも、ここで気をつけたいのが、
初めは小さな規模でテストする事、
そして失敗した後のバックアップを
用意しておく事。


これを無しにいきなり何年も
かけて貯めた全財産を事業に投入し、
失敗しても、次がありません。


元経営者の義父親が言うには、
「事業を始めるなら、それに必要な
お金の2倍の額を用意するように」と。


どんなに可能性のあるビジネスでも
最初から軌道に乗るなんてことはなく、
顧客に理解され、安定した売り上げが
出るまでは、半年はかかるという事です。


その半年の間、生き延びる事ができず、
倒産してしまう会社が意外に多い、
だから焦って勝負してはダメだと言う事です。


それは、5年以上ビジネスを続けている
方々はみな「その通りだ」と言います。


僕がお勧めするのは、少ない元手で
できるサイドビジネスから始めることです。


今の仕事を続けながら、副業として
スタートできる事はないでしょうか?
僕はオンラインショップから始めました。


やってみると分かるのですが、
「これは売れる!」と思ったものが
全然反応なし、なんてことが非常に多くあるのです。


商品選定や売り方、顧客維持なんかも
実際行動する中で上手くなるもので、
いきなり結果は出ないことが多いです。


まずは、少ないリスクで経験値を貯める。
どの商品がどんな市場で、どの売り方を
したらよく売れるのか?


これらの事を生活に支障が出ない範囲の
投資をして、学んでいきます。


独立したり、多額の資金を投入するのは、
それからでも遅くはないと思いますが、
あなたはどう思われますか?



お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事




PageTop