メルマガバックナンバー - 在豪スモールビジネスの集客サポート SmartVenture

HOME > メルマガバックナンバー

4年前の失敗の記憶

2017年02月15日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
新大阪に向かう新幹線の中より


今日は、大阪に用事があり出張です。


日帰りで大阪行って、打ち合わせして東京に帰ってくる。
少しハードなスケジュールなのですが、
新幹線の中は、いたって快適なので、
こうやってメルマガを書くことができています。


見てみると周りの乗客の人たちのほとんどが
スーツを着たビジネスマン。


僕は、サラリーマンではないので私服ですが、
こうやってパソコンで仕事をしている人は
意外と少ないようですね。


さて、今日訪問する会社は、初めて行くところ。
新大阪に着いてからも、さらに50分ほど電車を乗り継いで
行くところなので、千葉の実家から合計で4時間半かかる、
結構な長旅です。


乗り継ぎもちゃんとできるか心配なので、
約束の1時間前に到着するスケジュールで、家を出ることにしました。
問題なく乗り継ぎできれば、打ち合わせの前に
ゆっくりランチをすることができそうです。


さて、今日は何のために大阪に行くのかですが、
現在、新しいネットショップの立ち上げを
検討していて、僕達(パートナーがいます)が目をつけている
商材を持つメーカーさんに訪問することになっています。


日本→オーストラリア型のネットショップです。


僕は、今まで海外→日本のネットショップの方が
成功率が高いということでお伝えしてきましたが、
それは、初心者が始めるのに向いているモデルだということ。


日本の商品を並行輸出で海外に販売するには、
日本にいた方が圧倒的に有利ですし、
海外の何の実績もないショップオーナーと
メールのやり取りだけで、「直接取引しましょう」と
メーカーに言ってもらえる事は、まずないからです。


僕は、海外→日本のショップ経験が4年あり、
DRMのモデルを使って、ショップを軌道に乗せ、
そのモデルを今、他の人に教えるといったコンサルティングビジネスも
ここ1年ほど、並行して行ってきました。


そして、今考えている商材とDRMを使って、
オーストラリア市場を攻略するための戦略も持っています。


そのアイデアを持って、メーカーにアプローチをしたところ、
「一度お話ししましょう」と良いお返事を頂くことができたのです。


(実際には、5社ほどメールを送って反応してくれたのは、
1社だけでしたが、今日行く所が本命の1社です。)


それが、今回2月に日本に帰ってきた最大の理由。


今思えば、初めてオーストラリア市場に向けた
ネットショップを始めて、見事に失敗したのが4年前。


アリババで見つけた中国のメーカーから
商品を取り寄せて、サイト作成を業者に頼んだお金も合わせて、
合計10000ドルほど損をしました。。


妻には申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、
ずいぶんと自己嫌悪にも陥りました。


2度と繰り返したくない手痛い失敗です。


それから、マーケティングを徹底的に学び、
オーストラリア→日本のネットショップで結果を出し、
汚名挽回をすることができたのですが、
あの時の失敗の記憶は、今でも忘れていません。


その4年前の自分と今の自分を比べたら、
ずっと高いスキルと可能性を持って、今回の新規ビジネスに
取り組むことができているはず。


多少、緊張感はありますが、
それ以上に「リベンジ」したいという
思いが上回っています。


そして、もちろんの事、
このビジネスが上手くいけば、日本→海外市場モデルの
ノウハウを伝える事ができるので、サポートの幅が広がります。
もちろん、あなたにお伝えできる情報の幅も増えます。


そして、自分が大きく成長できるチャンス。


オーストラリアで商談の結果を
首を長くして待っているパートナーを含め、
こうしてメルマガを購読してくれている
あなたにもっと有益な仕事をするためにも
頑張りたいと思っています。


今日は自分の話ばかりになりましたが、
少しでも応援の気持ちを持って頂ければ嬉しいです。


結果は、またメールでお伝えしますね。



枕技

2017年02月14日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀
千葉の実家より


「日本の冬、やっぱり寒いですね。。」


日本の実家に一時帰国して1週間、
朝は大体6時に起きているのですが、
気温は3度、、、


実家の布団が、寝慣れたベッドになり
もっと寝こごちの良いものだったら、
余裕で2度寝しているかもしれません。。


ちなみに僕はオーストラリアにいる時は、
なるべく早く起きて朝活するようにしています。


僕の場合、朝活とは起きてコーヒー入れたら
5分後にパソコンに向かって書き始めることですが、
今では習慣になりました。


早く起きないと、妻と娘が起きてきて、
テレビをつけられたり、赤ちゃん向けビデオが流れたりと
せっかくの朝活の時間が乱されるので、
さっさと起きて活動することは、
僕にとってすごく大切なのです。


それが、このタイトル「枕技」と
どう関係があるのかと言うと、
これは、枕元の準備のことです。


2度寝の誘惑を振り切って、
すぐに仕事に取り掛かるには、
枕元の事前準備が大切だということ。


そのために、僕が行っている
「朝活を確実に確保するための3つのポイント」について
今日はシェアしたいと思います。


1:翌日の朝、やることを前の日の寝る前に
紙に書いておき、それを枕元に置いておく。
起きたらすぐにそれを見る。


これは、前の日にコミットメントを
作っておくという事です。


世の中で、一番嘘をついてはいけない人物、
それはあなた自身だとしたら、
自分との約束は守るのが、誠実さというもの。


そう思ってちょっと緊張感を持って
「朝やる事リスト」を書けば、
自分のコミット度合いが高まるはずです。


2:熱いコーヒーを前の晩に魔法瓶に入れておき、
起きたらすぐに飲めるように、枕元に置いておく。


コーヒーを淹れるには、まずキッチンに行って、
お湯を沸かして、粉を入れて、お湯を注ぎ、
それをスプーンでかき混ぜる。


こうやって書いてみると、結構な手間ですよね。。


ちなみに僕はブラック派ですが、中にはミルクや砂糖を
入れる人もいると思います。


その面倒な作業を前の晩にやっておく事です。


そして、起きたらすぐにそれを飲む。


寝ている間にちょうどよく中身が冷めるので、
起きた時には、熱すぎなくてすぐに飲めるコーヒーで
カフェインを摂ることができます。


3:枕元に自分が欲しいものや、
目標としているステータスの写真を見えるところに
貼っておく。


車でも、家でも、将来行ってみたいリゾート地でも
何でも良いので、視覚に訴えるものを自分の頭の中の
イメージに植え付けます。


人間、イメージできないことは達成できない、
これを現代の人は、カッコよくビジュアライゼーションと言うようですが、
呼び方は何だっていいです。


イメージできないなら、何度でも見るしかありません。


朝起きた時に「これのために頑張ろう!」と少しでも思えれば、
2度寝の確率をグッと減らすことができます。


以上、僕の個人的な考え方も交じり、
ちょっと自分に合わないところもあるかもしれませんが、


この枕技3つをマスターすれば、
あなたもきっと、早起きしてすぐにやるべき事に
取り組めるはずです。


ぜひ、参考にしてみてくださいね。

PS.
今日はバレンタインデーなので、
妻と娘にサプライズで
フラワーデリバリーを頼んでおきました。
さっき無事、届いたようです。(写真下)

IMG_1297.JPG

PPS.
ちなみにオーストラリアでは、
バレンタインは男性が女性にプレゼントするのが、
スタンダードになっています。


日本の男性の方々、
逆にこちらから女性にプレゼントしてみたら、
きっと喜ばれると思いますよ。



「facebook広告、いいっすよ」

2017年02月13日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀 
千葉の実家より


「facebookで売ってはいけない」
以前メルマガにも書いた通り、
facebookでの販売は効果が薄いです。


でも、facebookをビジネスに活用している人も
少なからず存在するようで、、、


アンチfacebookを貫いてきた僕としても、
だんだん無視できない奴になってきました。


これは3日前、自社のリスト獲得(メルマガ登録)について
セミナーの講師に質問しに行った時のことです。


facebook広告は効果がないだろう、
やっぱりGoogle Adwordsですよねと、
再確認したかったのですが、、、


「facebook広告、いいっすよ」


「まじっすか?アドワーズの方が断然効果あると思うのですが、、、」


「いやいやいや、facebookほど今熱いメディアはないですよ。」


しかも、今後ますます伸びてくるとの事。


僕は去年、facebook広告を試してみたのですが
リスト獲得のコストが、Adwordsの3倍
(1人あたり$10→$30)にもなってしまい、
採算が取れないと思ってやめました。


ちなみに僕はプライベートでfacebookをやってません。
以前、やってましたがアカウントを消しました。


というのも、面倒だし時間を取られるのが
一番の理由と、
ビジネス目的でやるにしても、
やってもおそらくビジネスに繋がらないから。


そもそもソーシャルって、ネット上で友人との
交流を目的としたツールなのに、
そこに商売っ気が絡んでくるのがおかしい。


「やるならAdwordsとメルマガでしょ!」
とすっかりアンチfacebookのスタンスでいたのですが、


昨日、ある1つの設定を変えてみたら、
リード獲得コストが約1/5に下がったのです。


「まじっすか?$6でリスト1件??」


ここ3日ぐらいですが、圧倒的に安いコストで
あの憎たらしいと感じていた奴、
facebookが僕のためにせっせとリスト獲得をしてくれています。


それは「配信デバイス」を「コンピューターだけ」から
「コンピューターとモバイル」に広げたこと。


僕が出している広告は、ビジネス系。
海外で起業したい人、副業ビジネスを始めたい人に
無料のメルマガに登録してもらうためのものなので、


これは、モバイルユーザーには向かないだろうと
ずっと思っていたのです。


なぜなら、Adwordsではモバイルの反応は、
やってみたけど薄かったから。


でも、これがfacebookになると俄然変わってきます。


今、facebookはスマホアプリでやる方がほとんどで、
僕みたいに必ずパソコンを立ち上げる人は、
実は少ないようです。


よく考えてみればわかることですが、
いかんせん、自分がfacebookやらないので
ユーザーの立場に立って考えることができませんでした。。


facebook広告の良いところは、
ユーザーの絞り込み機能が充実していること。


地域、年齢、言語、性別、キーワード等、
これはアドワーズでも設定可能ですが、
ユーザーのプロフィールからターゲットを特定できる
facebookの方がより精度は高いでしょう。


とは言っても、まだfacebookを完全に
信用しきったわけではありません。


問題は、このfacebook経由のユーザーが
見込み客になるかどうか、
こちらについては、日々のメルマガ開封率を見ながら、
検証していきたいと思います。


それでほんとに新規取れたら、
facebookに土下座した写真をアップします(笑)


そうなっても新規入るので嬉しいし、
でも土下座の写真をアップするのも嫌だし、
ちょっと悩ましいところですが、、、


ひとまずは様子を見たいと思います。


また、経過をあなたにシェアします。


PS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



子供たちの未来のために

2017年02月12日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀 
千葉の実家より


「子供たちの豊かな未来を作る。」


これは、今日のセミナー最終日で
僕が凄く感銘を受けた言葉。


今日で終わりの3日間のセミナーは、
インターネットマーケティングに関する最新のテクニックや、
成果向上のヒント、DRMビジネスモデルを使った戦略などが
メインの内容だったのですが、


その中に企業理念のお話がありました。


企業理念とは、その団体の社会的な意義や
行動指針などを言葉にしたもの。


「日本経済の成長に寄与する」
「世界のリーダーとなるグローバル企業を目指す」
「21世紀を代表する会社を創る」など、


こういったフレーズ、一度は聞いたことがあると思います。


でも、冒頭の「子供たちの豊かな未来を作る」という会社。


あなたが人の親だったら、なんだか応援したい気持ちになりませんか?


これは、僕が今まで考えもしなかった企業理念です。


「個人事業だから、まだ企業理念はいらないでしょ」、と
思ってましたし、
社会貢献のことなんて頭に全くありませんでした。


「なぜビジネスを始めたいと思ったのか?」
僕の答えは、、、


1:もっとお金を稼いで豊かな暮らしをしたい
2:嫌な会社を辞めたい
3:成功して人から尊敬されたい


間違っていたらごめんなさい。
でも、おそらくあなたも同じ理由をお持ちだと思います。


でも、それだけで人の共感を得るのは難しいということ。


また、ミッションや価値観を持っていない人には、
誰もついてこないということ。


そして企業理念は、ビジネス戦略や
マーケティングよりも、根底になければいけないこと。


これが、今回のセミナーで得た一番の収穫かもしれません。


企業理念という言葉が固ければ、
ミッション・ステートメントと言ってみても良いと思います。


僕のミッション・ステートメント、
即興で作ってみたものですが、


「インターネットマーケティングを通して、
少しでも多くの人の可能性を引き出し、
充実したライフスタイルを送れるようにすること」


ちょっと硬いですね。
でも、これから少しづつ直していくことにします。


さて、あなたのミッション・ステートメントは?


これを機にぜひ考えてみてください。


PS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



「私、会社辞めたいんです」

2017年02月11日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀 
千葉の実家より


「あれ、ビデオレターもうやらないんですか?」


もし、あなたがそう思ってくれたなら、
こんなに嬉しいことはないのですが、
久しぶりにビデオレターからメルマガに戻りました。
しばらく書いてないと、やはり書く力が衰えますね。。。


さて、今日は3日間セミナーの2日目です。
終了後は懇親会もあったのですが、昨日の寝不足で
疲れていたので、今日はまっすぐ帰ることに。


セミナーの内容は、即実践できそうな内容も含め、
自分に足りていない部分を改めて再認識したりと、
眠気と戦いながらも、
有益な情報をたくさん得ることができました。


さらにお昼は、幸運なことにキレイな女性と
外でランチをする機会に恵まれました。


もちろん1対1です。


その方は、ある有名な国内化粧品メーカーの
コピーライターをされているとの事。


美容系、コピーライター、しかも参加者の中で一番キレイ。
(僕もネットショップで美容商品を販売、そしてセールスライター)


これは、ランチに誘わない手はありません(笑)


それはさておき、
大手化粧品会社のクリエイティブ部門の
コピーライターなんて、とてもカッコいいイメージがありますよね。


そこで、僕が参加者の方に必ず聞く質問、


「何でインターネットマーケティングや
セールスライティングをやろうと思ったんですか?」


「私、会社を辞めたいんです。」


聞いてみると、長時間労働や有給が取れなかったり、
社内の人間関係も殺伐としていて、
自由に意見を言ったりすることが良しとされない企業文化。


人間関係も希薄で、部門間の軋轢も多くあるとのこと。
そんな中で優子さん(仮名)は、自分の能力が十分に活かせず、
とにかく仕事が楽しくないようでした。


「私、愛社精神とか全然ないんです。だから今の仕事にも
誇りを持てなくて、そんな中でマーケティングに出会ったんです。」


これは、僕が日本でサラリーマンをやってた時と
全く一緒。


独立したい人の一番の理由は、人間関係。
これはどこの国に行っても一緒ですが、
日本の社会は特にストレスが多く、
家族よりも会社を優先させるような
ウェットな人間関係が多く存在しています。


優子さんが勤める化粧品メーカーも
女性が中心の職場というのもあり、
余計に細かいことにうるさく言われ、規則も厳しいようです。


また、会社(特に大企業)での評価は、
得てして相対評価で人を見ることが多く、
そんなに仕事を頑張っていなくても
上司との関係が強い人が早く出世する
そんなイメージがありますね。


でも、起業したらそれは逆で、
自分が頑張った分、結果がついてくる世界です。


顧客に喜んでもらえるように良い仕事をして、
それが、売上、利益として自分に返ってくる。
つまり、絶対評価なんですね。


「いつかは、つまらない仕事から解放されて、
本当の意味で人に感謝される仕事がしたい。」


ネットショップやインターネットマーケティングを
始める人は、そう言った心持ちを持っているのか
得てして、向上心が高く、人の良い方が多いです。


だからこそ、希薄な人間関係が多く存在する
会社人生に人1倍ストレスを感じるのでしょうね。


優子さんは、まだ商品・サービスを何にするか
決まっていないようでしたが、
ひとまずは僕のメルマガに登録するように勧めました。


僕としては、こういった方が1人でも多く
幸せな仕事のスタイルを作れるように
サポートを頑張りたい、改めてそう思った1日でした。


優子さん、頑張って。


PS.
ちなみに優子さんは、僕が昔好きだった人の名前です。


PPS.
妻には内緒です(笑)


PPPS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



【ビデオレター】お金を払ってくれる人とは?

2017年02月10日 [記事URL]

From 高橋裕紀
千葉の自宅より


こんにちは。高橋裕紀です。


本日のメルマガもビデオレターにてお届けします。


メルマガをビデオレターに変えてから3日経ちましたが、
今日は帰りが遅かったのと、少し疲れているのもあり、
手早く撮ったビデオレターにてお届けします。


それでは、こちらからどうぞ。

■ビデオレター:お金を払ってくれる人とは?
(視聴はこちら)




ビデオレター:コミットメントを最大限に上げる1つの方法とは?

2017年02月08日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From 高橋裕紀
アパホテル東京ベイ幕張のラウンジバーにて


こんにちは。高橋裕紀です。


本日メルマガもビデオレターにてお届けします。


今日はホテルの部屋ではなく、
50Fのラウンジバーで動画撮影したものです。
恥ずかしいと言った抵抗がありましたが、
何とかやってのけた感があります(笑)


それでは、こちらからどうぞ。

■ビデオレター:ビデオレター:コミットメントを最大限に上げる1つの方法とは?
(視聴はこちら)



ビデオレター:自分で作っている限界とは?

2017年02月07日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From 高橋裕紀
千葉のアパホテル東京ベイ幕張にて


こんにちは。高橋裕紀です。


本日のメルマガですが、ビデオレターといって
ホテルの1室から動画形式にて
お届けをしています。


初の試みなので、ちょっとぎこちないですが、
よかったら見てみてください。


■ビデオレター:自分で作っている限界とは?
(視聴はこちら)



24時間好きなことをやるためには

2017年02月06日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

From: 高橋裕紀 
千葉の実家より


突然ですが、今日から日本に2週間帰っています。


冬の日本に帰るのは、もう5年ぶり。
オーストラリアと日本は季節が逆なので、
通常は春または秋に帰っているのですが、
やはり、日本の冬は寒いですね。


昨日までTシャツ姿で過ごしていたのに
今ダウンジャケットを羽織っている自分が
とてもおかしく感じます(笑)


普通ならわざわざ、寒い2月を選んで帰ることは
ないのですが、今回は特別なイベントが2つあり帰ってきました。


1つは、都内で行われるインターネットマーケティング関連の
サミットに出席するため。


これは、その業界の権威者に当たる人達の
プレゼンを聞きに行くのもそうですが、
その会場にいる人達と人脈を広げるのも
大きな目的です。


もう1つは、ネットショップの新しい商材を
日本で見つけるため。


現在、ある日本の商品を
オーストラリアで販売することを検討していて、
1社メーカーとアポが取れたため、
大阪まで打ち合わせに行くことになっています。


この2つのイベントから、新たなビジネスチャンスが
生まれることを今から楽しみにしています。


自分でもたまに思いますが、
「ビジネスのことばっかりで、せっかくの帰国なのに遊ばないんですか?」
と思われたかもしれません。


確かに起業する前の頃は、
「ホリデー」=「遊ぶ」だったのですが、
ここ3年ほど、あまり遊びたいと思わなくなりました。


今は、好きなことをやっているせいか、
仕事をしていても疲れないし、
あまり休む気にもならないんですね。


これは、昔読んだ中谷彰宏さんの本に
書いてあった言葉ですが、
「24時間好きなことをやれば負けない」
というのは、確かにそうかもしれません。


ただ、好きなことを仕事にするというのは、
誰にでもできることではないし、
皆、嫌なことを我慢して仕事をしている、
そんなイメージってありますよね。


実のところ、好きなことを仕事にできる前の段階には、
きついことも確かに存在しますし、
一時的に修行僧のような厳しい試練を
自分に課す必要もあったりします。


それは、下のエスカレーターを駆け上がるようなもので、
普通に歩いているだけでは、全然前に進むことなく、
ビジネスもなかなか軌道に乗ってくれません。


では、どうすれば良いか?
それは、今の自分がやっている事の
量と質を増やす事だと僕は考えます。


(行動の量)x(行動の質)=得られる結果
ということ。


まず何を行動すれば良いか分からなければ、
教材やセミナーで覚える。
そして、それを実行して経験値を増やしていく。


これが行動の量を増やすということ。


そして今やっている事よりワンランク上の
アウトプットを常に求める姿勢を持つ。
それには、新しい知識やスキルが必要だったり、
新しい場所や新しい人との出会いから
良いインスピレーションを受けることも含まれます。


これが行動の質を上げるということです。


それが習慣になれば、あとは勝手に
結果はついてくるはずですし、
24時間それをやっていても楽しい状態になる事ができます。


もし、あなたが今のビジネスがなかなか前に進まないとしたら、
「行動の量が足りていないか、」
「行動の質が低いか」、「またはその両方か」
たまに自分を客観視する機会を持つと良いと思いますよ。


PS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php



成功しているネットショップ2つの特徴

2017年02月04日 [記事URL]

_hirokitakahashi.jpg

本日の内容は少し真面目な勉強型の内容です。


とは言ってもネット販売で
利益を上げるための大切なポイントについて
できるだけ簡単にお話しています。

それは、
「ネットショップが成功する要因はただ2つ」
ということです。


このメルマガを読んでいるあるあなたなら、
きっと関心のあることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《誰も教えてくれなかったネットショップ成功法その1》


副業の代表格と言えばネットショップ。


今の仕事を続けながらできる、
家事や子育ての合間にできる。


パソコンとインターネットさえあれば
誰でも低予算で始められ、空いた時間に自宅でできる。


そして、本来の仕事の収入にプラスしたお金がゲットでき、
上手くいけば月20万、30万稼げる。


と、楽天などのモール系の営業や
自社ネットショップASPの勧誘につられて
多くの人がネット販売を始めるのですが、


始めてみてすぐにわかるのが、
まずそんなに簡単に売れないということ、


売れたとしてもライバルとの低価格競争に
巻き込まれ、利益がほとんど出ていない状態、


そして、3ヶ月、6ヶ月とそんな状態が続いた後、


「やっぱりネットショップは見込みないや...」
とあきらめてしまう。


しかし、そんな中でもネット販売で
多くの利益を上げる事業者は多数あり、


多くの顧客から信頼されて、
リピート購入が絶えないショップがあるのも事実です。


今も現役でネットショップを運営している
僕が思うところ、
成功しているネットショップには、
大まかに2つの特徴があると思っています。


その特徴とは、、、
(1)すでに確立された市場を相手にしていること
(2)マーケティング力が高いこと
この2つです。


(1)はご存知の通り、需要のある市場で
ビジネスを行っていること


まず、何よりも大事なのが、
あなたの販売しようとしている
商品、サービスに対して需要が
存在している必要があります。


よく自作の洋服やアクセサリーなど
ネットに出しても売れないのは、
そのブランド自体に需要がないためですね。


ブランドはなくても、
ジャンプスーツ、ムートンブーツなど
固有名詞があるものなら需要は見込めますが、


すでに有名で需要が高いものは、
競争も激しいため、資金力の高い
大手会社が圧倒的に有利です。


個人ネットショップの商品は、なるべく中間層
もしくはニッチな需要を狙うのが鉄則です。


そして、(2)のマーケティング力が高いこと、
これには様々な要素がありますが、
一言で言えば、新規顧客を捕まえて
リピーター化させるスキルが高いこと。


その要素には、
・信頼性の高いサイトを作るスキル
・魅力的なオファーを打ち出すためのセールスのスキル
・反応の高い宣伝文を書くためのコピーライティングのスキル
・メルマガで顧客との関係性を構築し、リピート購入を促すスキル
などなど、


これらをすべて説明しようとすると
本1冊が書けてしまうぐらいの
情報のボリュームがあります。


なので、毎日のメルマガにて
少しづつあなたにお伝えしたいと思っています。


今日はこれだけ覚えておいてください。
成功しているネットショップの2つの特徴、
(1)すでに確立された市場を相手にしていること
(2)マーケティング力が高いこと


続きはまたメールしますね。


PS.
ネットショップやオンライン集客の質問・相談はありませんか?
ご質問・ご相談はこちらから。
http://fixyourmarketing.net/form-contact.php




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop